住宅ローン審査に通りやすい!審査甘い銀行とは?

見出し
2017年6月の当サイトイチオシ銀行!
矢印
申し込み

住宅ローン審査が厳しいとお悩みのあなたに審査に通りやすいと噂の銀行を比較してご紹介します!あなたの現在の年収や勤続年数・他のローン借り入れ・クレジット履歴・金融事故情報など住宅ローン審査で重視される基準はさまざま。申し込む人の状況はそれぞれまったく異なりますから銀行によっては住宅ローン審査が甘いということも考えられます!

当サイトのランキングに掲載されている銀行は他の金融機関と比較しても審査だけではなく金利や返済の条件が優れていると評判が高いところを厳選しているのが特徴です!
総合的に判断して現在、当サイトがあなたに一番におすすめするのがじぶん銀行住宅ローンになります!

住宅ローン審査通りやすい銀行ランキング
[2017年6月最新版]

住宅ローン審査甘い銀行って本当にあるの?

見破る
住宅ローンの審査は厳しい?

世の中にはさまざまなローンサービスがありますが、結論から言えば住宅ローンほど審査に通るのが難しいものはありません。これは非常に低い金利で大金を借りて、長い時間をかけて返済していくという特徴からどうしても避けては通れないもの。長期間安定した収入が見込めること、そして安全に返済できるかどうかということが重視されるのです。

住宅ローンの審査基準を見てみると年収、他社からの借り入れ額、勤続年数、頭金、現在のクレジットカードの利用状況、これまでの返済履歴や滞納の履歴が無いかなど、さまざまな点がチェックされることがわかります。

自分では年収などそれぞれの条件や基準を満たしていると思っていても、あっさり落ちてしまうというケースも多いのです。

中には、金融機関の担当者が「この条件なら、本審査に通るでしょう」と太鼓判を押したにも関わらず、実際に申し込んでみると落ちてしまったという経験を持つ人もいます。

住宅ローンは、必要最低限の項目と調査内容をあなたが申し込んだ先の金融機関がチェックする事前(仮)審査と、申し込み者の保証人となる保証会社による本審査があるのです。

このうち、事前審査は長くても一週間程度の短時間で結果が出ることがほとんどですが本審査はかなり時間を要し、申し込み者の実際の返済能力やライフプラン、過去の借り入れから推測されるお金に対する考え方など、さまざまな観点からあなた自身の評価と比較をしています。あなた自身の安定度を徹底的に調べているといっても過言ではありません。

申し込んでから結果が出るまでは、ひたすら融資OKの返事を待つしかありませんが、残念ながらNGの返事となってしまった場合、その理由を一切教えてもらえないのが困りものです。

審査基準が甘いとされている別の銀行に新たな審査を申し込もうにも、最低限自分の何が悪かったのかがわからなければ改善のしようもありませんし、また落ちてしまうのではないかと心配だけが増えてしまうことになります。

通らなかったのは年収の額なのか、他からの借入れなのか、それともこれまでのローンの返済記録なのか、希望の金額なのかなど、何が問題だったのかを把握することが大事なのです。

 

審査に通りやすくするために知識武装を!
そこでこのサイトでは、住宅ローン審査に通りやすくするための最低限の知識や金融機関の仕組みなどを分かりやすい言葉で解説しています!さらに基準が甘く通りやすいと考えられる方法まであなたにしっかり教えます。

そして、たくさんある金融機関の中でも、金利や手数料などの諸費用、返済中のサポートなど、さまざまなポイントでお得になるサービスを提供している、おすすめの住宅ローンを厳選してご紹介していきます。

住宅ローン審査に通らないのではないかと心配な方も、このサイトを見るだけで、基本的な知識は十分に身に付きますし、当サイトがご紹介している銀行のサポートセンターなどを利用すれば、鬼に金棒です!

あなたの夢のマイホーム獲得に向けて、しっかりと知識武装をして、自分のライフプランに合った審査に通る銀行を見つけましょう!

 

住宅ローン審査が甘い銀行が見えてくる!?
住宅ローン審査期間は、場合によっては、2,3か月の長い時間がかかります。

もちろん通ってしまえば手間も待った時間も、すべて喜びに変わりますが、落ちてしまった場合は、その長くて不安な時間が徒労に終わったと感じてしまいダメージも非常に大きなものになります。

そんな無駄な時間を費やさないで、住宅ローン審査に通るための最短ルートを見つけるためにも、このサイトの内容をフル活用して、実際にランキングでご紹介している住宅ローンサービスを、他行のものと比較してみてください。

きっと、住宅ローン審査通りやすい銀行が、「ピン!」と見つかるハズです!

他で申し込みをしたけれど、落ちてしまったという方もがっかりせずに当サイトが教えるコツを試してみてください!

金融機関の立場に立って考えてみると、マイナス金利政策でピンチに陥っている現在、実はしっかりとした方に住宅ローンを借りてもらって貸し出しを増やしたいのです。

金利も非常に低い水準に下がっている現在、それだけでも返済総額が減って審査は甘くなっているといえます。

借り手にとっては大きなチャンスだといえる今、おすすめの銀行をご紹介します!

2017年6月の当サイトイチオシ銀行!
矢印
申し込み

 

フラット35は審査が甘いって本当?

イメージ

さまざまな住宅ローンを比較する中でフラット35は審査が甘いという話を目にすることが増えてきました。

審査基準が「甘い」とか「ゆるい」という言葉は誤解を生みやすい言葉ですから注意が必要です。実はこれはどんな方でも審査に通るという意味で「甘い」のでは決してありません。

実際には住宅ローン審査が甘いといわれる銀行であっても落ちてしまう人はいます。借りる人に安定して継続的な収入があること、そして信用情報に問題がないことは大前提として必要なのです。

それでは長期固定金利のフラット35はなぜ一般の住宅ローンと比較すると審査が甘いといわれるのでしょうか?

最長で35年という長期固定金利なのに非常に金利が安く、通常であれば審査については一番厳しく見られてもおかしくないのがフラット35なのですが、審査が甘いと感じる人も実際に存在します。

その理由として考えられるのがフラット35は他とは異なる審査基準で判断されるということがあります。

たとえば収入の基準を比較すると、ネット銀行や一般の銀行の住宅ローンの場合には、「安定かつ継続した収入があること」とか「年収400万円以上」と書かれています。これはあくまでも最低限の基準なのです。

自分の年収で借りられる限度額はいくらなのかといったことはもちろん、今の収入で審査に通るのかどうかということも具体的にはわかりません。

フラット35の収入の基準を公式サイトから抜き出してみると

?年収に占めるすべてのお借入れ(【フラット35】を含みます。)の年間合計返済額の割合(=総返済負担率)が、次の基準を満たしている方(収入を合算できる場合もあります。)

とあり、その基準は

  • 年収400万円未満 30%以下
  • 年収400万円以上 35%以下

と明記されています。

これは現在あなたが借りているフリーのカードローンや、教育ローン、マイカーローン、クレジットカードの支払いといったすべての借り入れの返済額とフラット35の返済額を合計した総返済額が年収の何パーセントにあたるかで借りられるかどうかが決まるということ。

たとえば、年収からいくらまで借りられるかという簡単なシミュレーションをしてみると、年収300万円で金利が1%、返済期間35年、他の借金0円の場合2,656万円まで借りられるという結果が出ます。

これはもちろんあくまでもシミュレーションの結果であり、必ず借りられるというものではありませんが、フラット35の基準を満たしても上限がこれだけになるという目安にはなります。

フラット35の審査基準ではこのようにあなたの年収に対する返済額の割合が重視されるため、収入が少ないとお悩みの方にも審査が甘いということが言えるのです。

年収350万円以上と決められている場合にはそれ以下の収入額の場合、申し込みも通りません。しかしフラット35の場合には仮に年収250万円だったとしても、年間の返済額がその30%、つまり75万円以内なら審査に通る可能性があるのです。

こう考えると一面では、甘い、ゆるいといわれる理由がわかります。

また、フラット35は担保価値の基準も一般的な住宅ローンとは異なっているといわれます。通常は担保価値は建物よりも土地の価格が重視されるので、路線価の低い地方にすんでいる場合は担保価値が低く見積もられ、その価値と比較して年収がいくらかということも判断の材料になり、土地が安い場合には年収の基準が厳しくなるのです。

一方でフラット35の場合には担保価値よりも上述した借り入れと年収の割合が重視されるため土地が安くても年収の審査基準は変わりません。こういった面でも甘いのです。

さらにいえば、フラット35は住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携して提供している住宅ローンです。多くの銀行や住宅金融専門会社が取り扱っていますが、金融機関は単なる窓口として手数料の収入が入るだけで、債権の保証などは住宅金融支援機構が行います。

簡単に言えば、銀行はたくさんの人に借りてもらって手数料収入を得るだけで、貸し倒れなどの責任をとる必要はありません。そのためどうしても審査の基準が甘くなる傾向が過去にはありました。

実際に2012年には民間金融機関の一部で甘い審査が行われていることについて会計検査院が住宅金融支援機構に指導することを求めるというニュースがありました。

その際、会計検査院が39の金融機関を抽出して調べたところ機構が決めている審査の基準をすべて満たしている金融機関がなかったと報じられています。

こういった経緯から現在はより厳しく調べられていることは間違いありませんが、フラット35の審査は甘いというのも一部では確かに言えたのです。

2017年6月の当サイトイチオシ銀行!
矢印
申し込み

 

住宅ローン審査落ちたらどうする?【通らない理由!】

イエロー
審査落ちには理由(ワケ)がある!

住宅ローンは、仮審査が通ったとしても、そのあとの本審査で落ちてしまう人がいるぐらい、厳しいもの。

金融機関で住宅ローンを申し込んだ場合、本審査に進めるということは、金融機関のチェックでは担当者があなたに対して、収入や借入れ金額などをみたところ基準を通過する条件を満たしていると判断していることになります。

しかし、本審査は金融機関ではなく、保証会社が行なうため、そこで落ちてしまうということがあるのです。

最初に住宅ローンを申し込んだ金融機関で審査に落ちたら、どうすればよいのか?

まず、自分の申し込み内容を振り返ってみてください。

住宅ローンに落ちた場合、その理由を教えてくれる金融機関はないので、自分で推測するしかありません。

住宅ローン審査が通りやすい銀行でも絶対に通らないという条件はあるのです。

消費者金融からの多額の借り入れがあるとか、信用履歴をみて過去に支払い遅延などの金融事故を起こしたことがあったり、いわゆるブラックリストに載っているといった場合にはほぼ間違いなく通ることはありません。

CICなどであなた自身の信用情報を請求してこれらのことに問題がなければ審査に通らなかった理由はある程度絞れてきます。

 

審査が甘い金融機関に再度申し込み!
上記のような理由以外に考えられるのは、頭金が少ないとか、他社(消費者金融以外)からの借り入れが多いといったことなので、まずはこの点を改善しましょう。

意外と見落としがちなのがクレジットカードをたくさん持っていてキャッシング枠が多いといった場合です、これらの状況はすぐに改善することができるので、まずはカードを整理する、他の借入れを返済するといったことをしてください。

そして次に、住宅ローン審査に通りやすい銀行を比較して見つけることです。

たとえば、住信SBIネット銀行住宅ローンは、正社員だけでなく派遣、契約社員でも申し込めたり、自営業の人だったら開業2年経過していて、2年間の所得平均が300万あればOKと、他行より条件が緩くなっています。

細かな条件は金融機関ごとに違いますから、Aでは通らない条件でもBでは問題ないということも十分にありえますし、フラット35は収入などの点で一般的な基準とは異なる独自の基準を設けているため一面では甘いということができます。ですから収入面で不安がある方はフラット35を積極的に利用することをおすすめします。

まずは、このサイトから各銀行のサイトにアクセスしてみて、住宅ローン比較をしていてください!

もちろん、落ちたときの保険ではなく、最初に申し込む銀行としても最適ですから審査に不安がある方はまずはしっかりと比較検討しましょう。

2017年6月の当サイトイチオシ銀行!
矢印
申し込み

 

住宅ローン申し込みから審査の流れは?

流れ
住宅ローン申し込みはネットから!

住宅ローンの申し込み窓口と言えば、銀行や信用金庫などの実店舗の窓口が一番メジャーです。

各金融機関では、専属スタッフを配置した住宅ローン相談コーナーを用意していて、金利や必要書類の基礎知識を解説したり、融資までの流れを説明したりしています。

こうした実店舗に足を運べば、知識がない状態でも、対面で理解できるまで説明を受けられるので非常に便利ですが、金融機関の営業時間に行かなくてはならないのがネックです。

もちろん、土日祝日は休店日というケースが多いです。

こんな時に便利なのが、インターネット専用銀行です。

忙しい人でも、携帯電話やスマートフォンでインターネット専用銀行のサイトにアクセスできますし、実店舗なら手間のかかる申し込みも、サイト経由でできるのも大きなメリットです。

書類作成などに不明点が発生した場合は、専用のサポートセンターで、丁寧に説明してもらえるので、インターネット専用銀行での住宅ローン申し込みは、まったく不安なしと言えます。

 

仮審査に通過したら一歩前進!
住宅ローンは、最初に仮審査が行われ、それに通過したら本審査に進みます。

申し込みには必要書類を用意するために役所にいくなど手間がかかりますから、なるべく最初から住宅ローン審査に通りやすい銀行を選びたいものです。

基準に通ったら、あとは契約手続きが残るのみです。

住宅ローン審査の期間は早ければ2週間から1か月ぐらいかかります。時間が掛かる人でも2,3か月ぐらいで契約まで進むので、最初から資金や予算の計画をしっかりとたてて、不要なローンやクレジットカードの使用を控えるなどの対策を練っておきましょう。。

たとえば年度末や年末など年収の基準の変わり目にあるときはどちらのほうが年収があがったり条件がよくなるかを判断するといったことも最後には必要になってくるかも知れません。

この条件に関しては、返済能力や既存の借り入れ額などのページを熟読してください!

住宅ローン審査が甘いとか緩い銀行はどこなのか一概には言えませんが現在の社会状況を考えれば、ある程度の基準を満たしていれば必ず借りられる銀行はあります!

当サイトのランキングに掲載されている銀行すべてに資料請求をするくらいの意気込みがあればきっとうまくいくはずです!

2017年6月の当サイトイチオシ銀行!
矢印
申し込み