住宅ローン審査に通りやすい銀行の特徴は?

住宅ローン審査に通りやすい銀行とは?【基準甘い?】

金融機関
住宅ローン審査に通りやすい銀行の特徴とは?

住宅ローンを扱っている銀行や信用金庫、ノンバンクの住宅金融専門会社は、それぞれに独自の審査基準を持っていて、金利や費用面の借り入れ条件もさまざま。

特に、銀行の住宅ローンは、横並びでどこを選んでも同じという状況だったのが、金融の自由化によって近年ではネット銀行が登場し質の高いサービスを提供。顧客獲得のためのサービス合戦が激化することでより条件のいい商品が登場するようになっています。

このような状況の中で銀行のパンフレットやホームページを見ただけでは、どこの銀行のどの住宅ローンを選べばよいのか判断に迷ってしまいます。

例えば表示してある見た目の住宅ローン金利が安くても、保証料や団信保険料が自己負担で諸費用が高い銀行もあれば。表面金利は多少高くても保証料・団信保険料無料でトータルで必要な諸費用が数十万円単位で安くなる銀行もあります。

一般的には、住宅ローンは都市銀行より地方銀行のほうが審査が甘いとか緩いといわれる傾向にありますが、その分、金利や手数料などが高くなってしまうケースが多いようです。

住宅ローンの最近のトレンドとしては、インターネット専用銀行のサービスの良さに注目が集まっています。

実店舗を持たないインターネット専用銀行は、店舗の維持費用や人件費を他行より安くできるので、その分、住宅ローンの金利や費用の安さ、審査基準の緩さなどに反映することが可能になります。

そのためネット銀行は借り手に有利な住宅ローンというイメージがあがってきているのです。

少し前まではネット銀行で住宅ローンというと対面して住宅ローン相談ができなかったり、書類のやり取りが煩雑といった点でマイナスの評価をしてしまう人もいました。

しかし誰もがスマホを手にして様々な情報を比較し選択している現在ではそういったマイナス評価を目にすることもありません。

逆に、収入印紙代が必要ない、スピード審査、ATM手数料無料など更なるメリットの高さに多くの人が注目するようになっているのです。

ネット銀行の住宅ローンは条件が良いだけに、審査基準がきちんと決められており、地域密着型の信用金庫などとは異なり数字ですべてを判断し厳密に審査を行います。そのため審査が甘いとはいえないことが多いのですがそれよりもはるかに多くのメリットがあるため、審査に不安がある人もファーストチョイスに入れておいて間違いはありません。

審査に悩む方に当サイトのイチオシ銀行!
矢印
申し込み

 

フラット35という選択肢は?審査基準が甘い?

住宅ローンには、銀行や信用金庫などに直接申し込むタイプと、住宅金融支援機構を通して申し込む「フラット35」の2種類あります。

フラット35は、長期間固定金利であること、保証料や繰り上げ返済手数料が無料になり諸費用がおさえられるなどさまざまなメリットがありますが、購入する住宅が一定の基準を満たしていることが必須の利用条件となっています。

フラット35は人の審査よりも物件の審査のほうが厳しいと言われることもあるくらいなのです。

保証料の節約などは大きなメリットですが、先に紹介したインターネット専用銀行では、団信生命保険料まで無料になるフラット35を上回るサービスを提供している場合もあります。

少々の手間がかかっても、より住宅ローンにかかる費用を節約したり、支払い中もお得なサービスを受けたいという方は、インターネット専用銀行を選ぶほうがよいでしょう。

ただしフラット35のメリットとして長期固定なのに非常に金利が安いこと。そしてフラット35は審査が甘いということも最近では言われるようになってきました。

これは実は単純に比較して甘いとか厳しいといえるものでは無いのですが、フラット35の審査基準は一般の住宅ローンとは異なるという特徴からきているのです。

たとえば収入の面からいえばフラット35は最低年収がいくらからという年収の基準が決められていません。フラット35ではその人の年収に対するローンの返済額の割合が決まっているのです。

ですから年収が安くて都市銀行やネット銀行の住宅ローン審査基準を満たせないという場合でも、借入額を抑えることができればフラット35なら基準を満たすことができる場合があるのです。

こういったことを考えると特に収入などの面で不安があり。基準がゆるい、審査が甘い住宅ローンを探しているという方にとってフラット35は見逃せないものになっています。

フラット35のおすすめNo.1!
矢印
申し込み

住宅ローン審査通りやすい銀行ランキング[2018年2月]

じぶん銀行住宅ローン
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 三菱東京UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 来店不要で時間の制約なし
  • 保証料・収入印紙代無料
  • 業界最安水準の金利を達成
スペック表
矢印
申し込みボタン



住信SBIネット銀行住宅ローン
  • 安定かつ継続した収入があること
  • 最安水準の金利で顧客満足度が高い
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 借入れまで来店不要のネットバンク
  • 団信保険料・全疾病保障保険料無料
  • コンビニATM手数料月5回まで無料に
  • 事務取扱い手数料は借入れ金額の2%+税
スペック表
矢印
申し込みボタン



楽天銀行フラット35
  • フラット35独自の審査基準で有利
  • フラット35最低金利・手数料も安い
  • 諸費用トータルの安さで総返済額少ない
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 事務手数料引き下げあり
  • 繰り上げ返済手数料無料で100万円〜
  • 団信生命保険料は本人負担
スペック表
矢印
申し込みボタン



au住宅ローン
  • セット割でauスマホ・通信サービスがおトクに
  • フラット35最低金利・手数料も安い
  • 業界最安水準の金利!
  • 一般団信&がん50%団信保険無料
  • 保証料・印紙代が無料
  • 仮審査の結果は最短1日
  • 最短10日で契約完了
スペック表
矢印
申し込みボタン



イオン銀行住宅ローン
  • 借り入れ時年齢満20歳以上満71歳未満
  • 給与所得者は6ヶ月以上勤務
  • 経営者・個人事業主は事業開始後3年経過
  • 給与所得者は前年度年収100万円以上
  • 個人事業主は前年度所得100万円以上
  • 保証料0円・繰上げ返済手数料0円
  • イオンでの買い物が5年間毎日5%OFF
スペック表
矢印
申し込みボタン



住宅ローン審査通りやすい銀行記事一覧

「金利が安くて条件が良いと評判の住信SBIネット銀行の住宅ローンを借りたいけど審査はどうなの?」「ネット銀行の住宅ローンって審査が厳しいって本当?」住信SBIネット銀行の審査についてお悩みの方にまずは結論から。住信SBIネット銀行住宅ローンは金利が安く、団信や繰上げ返済などの借入れ条件もよいために人気が高くなっています。その反面条件のいい住宅ローンは審査基準が厳しくなる傾向があるのは確かです。また...

「イオン銀行の住宅ローンは基準がゆるいって本当?」「住宅ローン審査に絶対通りたい!」住宅ローン審査でお悩みの方にまずは結論をご紹介。イオン銀行の住宅ローンの申込み条件を見ると確かに「給与所得者の場合前年度年収100万円以上・6ヶ月以上勤務していること」と通常の住宅ローンよりも申込みのハードルが低いことがわかります。イオン銀行住宅ローンは申し込みやすいというのは確かです。ただし、これがそのまま審査に...

「フラット35は他の住宅ローンより審査が甘いって本当ですか?」「フラット35なら他で落ちても通る可能性がある?」住宅ローンの審査でお悩みの方にまず結論からご紹介します。フラット35は一般の住宅ローンとは異なる独自の審査基準があるため他でダメだった場合でも審査に通る可能性は確かにあります。フラット35は年収や勤続年数の基準が一般の住宅ローンとは異なるためです。ただし個人の信用情報に問題があったり、借...

ネット銀行ならではのメリットがたくさん!住宅ローンを借りたいと考えたときに、一昔前までは近くにある銀行や信用金庫、農協などに申し込むか、住宅金融公庫のローンを申し込むしか方法がありませんでした。しかも一般の金融機関が用意している住宅ローンは金利や他の条件もほとんど同じ、どこを選んでも大差が無いということも。そういった状況から金融の自由化が進むことで次第に変化が起こり、ここ数年、注目を浴びているイン...

諸費用を徹底的にお得にしたサービス首都圏を中心に実店舗も構えている新生銀行では、同じように実店舗を構えている他行とは比較にならないほどの、金利、諸費用などのサービスを提供しています。新生銀行で提供している「パワースマート住宅ローン」は、2014年1月時点で変動金利が0.88%と、0.9%台を切っています。また、お得なキャンペーンも常に実施していて、頭金の額が多ければ、さらに金利が優遇されることがあ...

審査に通りたいなら頭金ゼロは避けるべき?自分が購入したい物件が見つかったら、住宅ローンの借入れのために頭金がいくらぐらい用意できるか考えると思います。一般的には、最低でも物件価格の2割の額が頭金として必要と言われていますが、住宅ローンサービスが多様化した今では、フラット35を利用すれば、金利は高くなるものの購入金額の100%まで借り入れることもできますし金融機関によっては、頭金0円で住宅ローンが組...

固定金利と変動金利、それぞれのメリットデメリット住宅ローンに申し込むと、必ず発生するのが金利。この金利は、経済情勢によって大きく変動するもので、低金利が続けば支払い利息が減りますし、金利が上がれば、当然、支払い利息も増えてきます。長期的に金利の変動を読むのは難しいので、まずは、金利の種類とメリット、デメリットを把握しておきましょう。下記の3パターンの金利は、住宅ローン審査通りやすい銀行にも用意され...

住宅の購入費用以外に必要な諸費用住宅ローンの申し込みをしようと思ったら、住宅そのものの購入費用だけでなく、ローンを組むにあたって発生する費用(諸費用)も考えなくてはなりません。こうした諸費用の把握で、住宅ローン審査通りやすい銀行が分かることがあるので、ぜひとも、覚えておいてください。諸費用は基本的に自分で用意するものですが、全部の費用を合わせるとかなり高額になり、だいたい住宅購入価格の5〜10%は...

「ろうきんの住宅ローンを借りたいけれど審査に通るか不安で…」「ろうきんの住宅ローンは条件がいいって聞いたので審査を受けてみようかと…」ろうきんの住宅ローンについての疑問をお持ちの方にまずは結論からご紹介。住宅ローン審査に不安がある方に当サイトがおすすめする住宅ローンはろうきん以外にもたくさんあります。2018年2月のおすすめ住宅ローンを今すぐチェック金融の自由化によって現在では様々な住宅ローンが登...

三菱東京UFJ銀行と言えば誰もが知る日本を代表するメガバンクです。中でも三菱東京UFJ銀行の住宅ローンは選ばれて10年連続NO1という実績もあります。そんな三菱東京UFJ銀行の住宅ローンの審査は厳しいのでしょうか甘いのでしょうか?!三菱東京UFJ銀行の住宅ローンの審査について調べると「スコアリングシステム」を導入していることがわかります。これはコンピューターで審査条件(年齢、勤続年数、年収、希望借...

じぶん銀行住宅ローンと借り入れ条件や金利は同じながらauユーザーに向けた特典が付帯してさらにお得になっているのがau住宅ローンです。特に変動金利で条件が良く人気のじぶん銀行住宅ローンをさらにお得に利用できるのですから、auを利用している方はぜひ一度検討することをおすすめします。お急ぎの方は>>au住宅ローン公式へこのページの目次au住宅ローンとは?au住宅ローンのメリットは?au住宅ローンの借り入...