住宅ローン審査に通りやすい銀行とは?【基準甘い?】

金融機関
住宅ローン審査に通りやすい銀行の特徴とは?

住宅ローンを扱っている銀行や信用金庫、ノンバンクの住宅金融専門会社は、それぞれに独自の審査基準を持っていて、金利や費用面の借り入れ条件もさまざま。

特に、銀行の住宅ローンは、横並びでどこを選んでも同じという状況だったのが、金融の自由化によって近年ではネット銀行が登場し質の高いサービスを提供。顧客獲得のためのサービス合戦が激化することでより条件のいい商品が登場するようになっています。

このような状況の中で銀行のパンフレットやホームページを見ただけでは、どこの銀行のどの住宅ローンを選べばよいのか判断に迷ってしまいます。

例えば表示してある見た目の住宅ローン金利が安くても、保証料や団信保険料が自己負担で諸費用が高い銀行もあれば。表面金利は多少高くても保証料・団信保険料無料でトータルで必要な諸費用が数十万円単位で安くなる銀行もあります。

一般的には、住宅ローンは都市銀行より地方銀行のほうが審査が甘いとか緩いといわれる傾向にありますが、その分、金利や手数料などが高くなってしまうケースが多いようです。

住宅ローンの最近のトレンドとしては、インターネット専用銀行のサービスの良さに注目が集まっています。

実店舗を持たないインターネット専用銀行は、店舗の維持費用や人件費を他行より安くできるので、その分、住宅ローンの金利や費用の安さ、審査基準の緩さなどに反映することが可能になります。

そのためネット銀行は借り手に有利な住宅ローンというイメージがあがってきているのです。

少し前まではネット銀行で住宅ローンというと対面して住宅ローン相談ができなかったり、書類のやり取りが煩雑といった点でマイナスの評価をしてしまう人もいました。

しかし誰もがスマホを手にして様々な情報を比較し選択している現在ではそういったマイナス評価を目にすることもありません。

逆に、収入印紙代が必要ない、スピード審査、ATM手数料無料など更なるメリットの高さに多くの人が注目するようになっているのです。

ネット銀行の住宅ローンは条件が良いだけに、審査基準がきちんと決められており、地域密着型の信用金庫などとは異なり数字ですべてを判断し厳密に審査を行います。そのため審査が甘いとはいえないことが多いのですがそれよりもはるかに多くのメリットがあるため、審査に不安がある人もファーストチョイスに入れておいて間違いはありません。

審査に悩む方に当サイトのイチオシ銀行!
矢印
申し込み

 

フラット35という選択肢は?審査基準が甘い?

住宅ローンには、銀行や信用金庫などに直接申し込むタイプと、住宅金融支援機構を通して申し込む「フラット35」の2種類あります。

フラット35は、長期間固定金利であること、保証料や繰り上げ返済手数料が無料になり諸費用がおさえられるなどさまざまなメリットがありますが、購入する住宅が一定の基準を満たしていることが必須の利用条件となっています。

フラット35は人の審査よりも物件の審査のほうが厳しいと言われることもあるくらいなのです。

保証料の節約などは大きなメリットですが、先に紹介したインターネット専用銀行では、団信生命保険料まで無料になるフラット35を上回るサービスを提供している場合もあります。

少々の手間がかかっても、より住宅ローンにかかる費用を節約したり、支払い中もお得なサービスを受けたいという方は、インターネット専用銀行を選ぶほうがよいでしょう。

ただしフラット35のメリットとして長期固定なのに非常に金利が安いこと。そしてフラット35は審査が甘いということも最近では言われるようになってきました。

これは実は単純に比較して甘いとか厳しいといえるものでは無いのですが、フラット35の審査基準は一般の住宅ローンとは異なるという特徴からきているのです。

たとえば収入の面からいえばフラット35は最低年収がいくらからという年収の基準が決められていません。フラット35ではその人の年収に対するローンの返済額の割合が決まっているのです。

ですから年収が安くて都市銀行やネット銀行の住宅ローン審査基準を満たせないという場合でも、借入額を抑えることができればフラット35なら基準を満たすことができる場合があるのです。

こういったことを考えると特に収入などの面で不安があり。基準がゆるい、審査が甘い住宅ローンを探しているという方にとってフラット35は見逃せないものになっています。

フラット35のおすすめNo.1!
矢印
申し込み

住宅ローン審査通りやすい銀行ランキング[2017年8月]

住宅ローン審査通りやすい銀行記事一覧

ネット専用銀行だから実現できるサービス住宅ローンの金利が非常に安いことと借り入れ条件の良い優れたサービスで人気になり、ここ数年注目が集まっているのネット銀行。中でも、三井住友信託銀行の関連銀行「住信SBIネット銀行」のサービスは、金利、諸費用、返済中のサポート、どれをとっても抜きんでた内容になっています。まず、一番気になる金利ですが、2017年8月時点の変動金利は0.444%、35固定金利でも1....
手間と費用を大幅に削減するサービスが魅力!住宅ローンの申し込みで手間がかかるのが、銀行やノンバンクなどの金融機関に足を運んで担当者に相談をしたり、事前審査の申し込みをするステップです。銀行の場合なら営業時間に時間を作らなくてはなりませんし、土日に相談できる銀行もありますが、平日は時間が取れない人たちで、各行とも、マイホームが欲しい人でごった返しています。その点、インターネットから事前審査の申し込み...
諸費用を徹底的にお得にしたサービス首都圏を中心に実店舗も構えている新生銀行では、同じように実店舗を構えている他行とは比較にならないほどの、金利、諸費用などのサービスを提供しています。新生銀行で提供している「パワースマート住宅ローン」は、2014年1月時点で変動金利が0.88%と、0.9%台を切っています。また、お得なキャンペーンも常に実施していて、頭金の額が多ければ、さらに金利が優遇されることがあ...
ネット銀行ならではのメリットがたくさん!住宅ローンを借りたいと考えたときに、一昔前までは近くにある銀行や信用金庫、農協などに申し込むか、住宅金融公庫のローンを申し込むしか方法がありませんでした。しかも一般の金融機関が用意している住宅ローンは金利や他の条件もほとんど同じ、どこを選んでも大差が無いということも。そういった状況から金融の自由化が進むことで次第に変化が起こり、ここ数年、注目を浴びているイン...
頭金0円は避けるべき!?自分が購入したい物件が見つかったら、まずは頭金がいくらぐらい用意できるか考えると思います。一般的には、最低でも物件価格の2割の額が頭金として必要と言われていますが、住宅ローンサービスが多様化した今では、フラット35を利用すれば、頭金は1割で済みますし、金融機関によっては、頭金0円で住宅ローンが組めるケースもあります。住宅を購入する側としては、頭金が少なくても返済額を多くして...
固定金利と変動金利、それぞれのメリットデメリット住宅ローンに申し込むと、必ず発生するのが金利。この金利は、経済情勢によって大きく変動するもので、低金利が続けば支払い利息が減りますし、金利が上がれば、当然、支払い利息も増えてきます。長期的に金利の変動を読むのは難しいので、まずは、金利の種類とメリット、デメリットを把握しておきましょう。下記の3パターンの金利は、住宅ローン審査通りやすい銀行にも用意され...
住宅の購入費用以外に必要な諸費用住宅ローンの申し込みをしようと思ったら、住宅そのものの購入費用だけでなく、ローンを組むにあたって発生する費用(諸費用)も考えなくてはなりません。こうした諸費用の把握で、住宅ローン審査通りやすい銀行が分かることがあるので、ぜひとも、覚えておいてください。諸費用は基本的に自分で用意するものですが、全部の費用を合わせるとかなり高額になり、だいたい住宅購入価格の5〜10%は...