住宅ローンの諸費用を比較

住宅ローンの諸費用と審査の関係は?

頭金
住宅の購入費用以外に必要な諸費用

住宅ローンの申し込みをしようと思ったら、住宅そのものの購入費用だけでなく、ローンを組むにあたって発生する費用(諸費用)も考えなくてはなりません。

こうした諸費用の把握で、住宅ローン審査通りやすい銀行が分かることがあるので、ぜひとも、覚えておいてください。

諸費用は基本的に自分で用意するものですが、全部の費用を合わせるとかなり高額になり、だいたい住宅購入価格の5〜10%はかかります。

最近では、こうした諸費用を銀行が代わりに支払うサービスもあるので、このサイトからアクセスできる3つの銀行にも注目してください。

下記に諸費用の内容を記します。

  • 保証料

連帯保証人や担保の代わりに、金融会社が保証人として保証する費用です。

  • 団体信用生命保険料

住宅ローンの支払中、ケガや病気で支払いができなくなった時に、ローンの支払いを保障してくれる保険です。

  • 火災保険

購入した住宅に、住宅ローン支払い期間中、火災で損害が発生した時に保障してくれる保険です。

こまごまとした事務手数料なども発生

  • 事務手数料

金融機関の事務手続きにおける手数料で、無料としている金融機関もあります。(ただし、利子に含まれている場合あり)

  • 司法書士費用

住宅の引き渡し時に、登記手続きを行う司法書士に支払う費用です。

保証料が無料になる銀行では、イオン銀行と新生銀行がおススメです。

イオン銀行はスーパーマーケットを展開するイオングループの会社で、店内に相談窓口があるので、いつでも気軽に住宅ローンの相談ができます。

新生銀行も実店舗があるので、書類作成などのサポートを対面で受けられます。

住信SBIネット銀行は、ネット専用銀行ならではの金利の低さで、団体専用生命保険料も無料になっています。

住宅ローン審査通りやすい銀行ランキング[2017年12月]

じぶん銀行住宅ローン
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 三菱東京UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 来店不要で時間の制約なし
  • 保証料・収入印紙代無料
  • 業界最安水準の金利を達成
スペック表
矢印
申し込みボタン



住信SBIネット銀行住宅ローン
  • 安定かつ継続した収入があること
  • 最安水準の金利で顧客満足度が高い
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 借入れまで来店不要のネットバンク
  • 団信保険料・全疾病保障保険料無料
  • コンビニATM手数料月5回まで無料に
  • 事務取扱い手数料は借入れ金額の2%+税
スペック表
矢印
申し込みボタン



楽天銀行フラット35
  • フラット35独自の審査基準で有利
  • フラット35最低金利・手数料も安い
  • 諸費用トータルの安さで総返済額少ない
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 事務手数料引き下げあり
  • 繰り上げ返済手数料無料で100万円〜
  • 団信生命保険料は本人負担
スペック表
矢印
申し込みボタン



au住宅ローン
  • セット割でauスマホ・通信サービスがおトクに
  • フラット35最低金利・手数料も安い
  • 業界最安水準の金利!
  • 一般団信&がん50%団信保険無料
  • 保証料・印紙代が無料
  • 仮審査の結果は最短1日
  • 最短10日で契約完了
スペック表
矢印
申し込みボタン



イオン銀行住宅ローン
  • 借り入れ時年齢満20歳以上満71歳未満
  • 給与所得者は6ヶ月以上勤務
  • 経営者・個人事業主は事業開始後3年経過
  • 給与所得者は前年度年収100万円以上
  • 個人事業主は前年度所得100万円以上
  • 保証料0円・繰上げ返済手数料0円
  • イオンでの買い物が5年間毎日5%OFF
スペック表
矢印
申し込みボタン