フラット35の審査は通りやすい?

フラット35
かつてはメリット豊富だったフラット35

住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携してサービス提供している「フラット35」は、最長35年間の固定金利ローンで、返済期間が短くても長くても、金利が非常に低いことで大人気でした。

住宅ローンの借り入れ可能額も大きく、その額は最大で8,000万円。

民間の金融機関よりも、頭金が少なくても申し込めるのも特徴で、物件価格の90%あれば借り入れができるほか、金融機関のフラット併用型ローンを利用すれば、頭金0円でマイホームが持てることもあります。

この他にも、高額になる保証料や繰り上げ返済手数料が無料になったりと、諸費用を抑えられるメリットもありますし、団体信用生命保険への加入も任意になっています。(ただし、90%以上の人が、万一に備えて加入しています)

しかしここ数年、民間の金融機関の住宅ローンサービスが向上したり、インターネット銀行の登場で、フラット35の魅力が薄らいできた感があります。

フラット35のおすすめNo.1!
矢印
申し込み

 

フラット35以下の金利、諸費用無料の銀行続出!
たとえば、実店舗も構えている新生銀行では、フラット35では発生する高額な事務手数料が0円、保証料、団体信用生命保険も0円と、フラット35や新生銀行以外の金融機関と比べて、圧倒的に諸費用がお得になっています。

もちろん金利面もお得で、固定金利、変動金利ともに、フラット35より安くなっています。

住信SBIネット銀行やイオン銀行も金利が安く、保証料だけでなく繰り上げ返済手数料も無料になるなど、フラット35よりお得なサービス内容になっている上に、申し込み条件が緩和されていて、住宅ローン審査通りやすい銀行として浸透し始めています。

審査に悩む方に当サイトのイチオシ銀行!
矢印
申し込み

住宅ローン審査通りやすい銀行ランキング[2017年6月]