住宅ローン金利のパターンは?

金利
固定金利と変動金利、それぞれのメリットデメリット

住宅ローンに申し込むと、必ず発生するのが金利。

この金利は、経済情勢によって大きく変動するもので、低金利が続けば支払い利息が減りますし、金利が上がれば、当然、支払い利息も増えてきます。

長期的に金利の変動を読むのは難しいので、まずは、金利の種類とメリット、デメリットを把握しておきましょう。

下記の3パターンの金利は、住宅ローン審査通りやすい銀行にも用意されています。

  • 固定金利

住宅ローンを申し込む時に設定した金利が、完済時まで変わらないタイプです。

返済中に申し込み時より金利が下がっても、その分は適用されませんが、金利が上がった場合も適用されないので、安定したマネープランを考える人におススメです。

  • 変動金利

経済、政治などの情勢に合わせて変動する金利が、その都度、適用されます。

住宅ローンを組む時に、この先、さらに金利が下がると思う方は、この変動金利を選ぶとよいでしょう。

金利の見直しは半年単位で行われますが、毎月の返済額は5年間一定であるのが一般的です。

ローンを組んでから数年後に金利タイプを選ぶ!

  • 固定金利選択型

住宅ローンを組んでから数年間(3年、5年、10年など)は固定金利で、その後、固定金利を続けるか、変動金利に切り替えるか選べるタイプです。

デメリットとしては、最初の固定金利期間に金利が上昇したり下降したりすると、利息が増えてしまうことです。

金利が上がる、下がるきっかけは、過去の事例が参考になりますので、変動金利を選ぶ方は、書籍やインターネットなどで知識を身に付けておくとよいでしょう。

住宅ローン審査通りやすい銀行ランキング[2017年6月]