ネット銀行は住宅ローン審査が甘い?

ネット銀行は住宅ローン審査に通りやすい?基準甘い?

ネット銀行
ネット銀行ならではのメリットがたくさん!

住宅ローンを借りたいと考えたときに、一昔前までは近くにある銀行や信用金庫、農協などに申し込むか、住宅金融公庫のローンを申し込むしか方法がありませんでした。

しかも一般の金融機関が用意している住宅ローンは金利や他の条件もほとんど同じ、どこを選んでも大差が無いということも。

そういった状況から金融の自由化が進むことで次第に変化が起こり、ここ数年、注目を浴びているインターネット銀行のサービスのよさが定着してきたことで住宅ローンを取り巻く環境は大きく変化してきています。

ネット銀行は住宅ローンを含めなぜ金利が安く、手厚いサービスが受けられるのか?

銀行であることに変わりはないし、昔ながらの都市銀行や地方銀行のほうが有利ではないかと不思議に思っている方も多いはずです。

なぜ優れたサービスを提供できるのでしょうか?インターネット専用銀行は、一般の金融機関と違って実店舗を持ちません。そのため、多くの店舗を持つことで必要になる店舗の維持費や人件費などの経費などが安く済みます。

その分、サービスに力を入れて住宅ローンの金利を安くしたり、団信生命保険保険料を銀行が負担したり、印紙代金などの諸費用や手数料を無料にするなど、借りる側にとって有利でお得なサービスを展開しているのです。

当サイトのランキングでもイチ押しのネット銀行の「じぶん銀行」や「住信SBIネット銀行」は、変動金利も固定金利も非常に安く設定されていて、団体信用生命保険料は無料。全疾病保障やがん50%保障が付くなど非常にメリットが多い野が特徴。

また金利や手数料が安いというだけにとどまらず、万一、がんや脳卒中などの病気になったり、交通事故に遭った場合のサポートやお見舞金など、非常に手厚い保障が用意されているてんも見逃せません。

デメリットはメリットになる!

ネット銀行のデメリットといえば、対面形式で申し込みができ、相談も気軽にできる地場の地方銀行や信用金庫と違って、自分で色々と調べながら、住宅ローンの申し込みをしなくてはならないという点。

しかしこうした手間は、ネットを利用して様々な銀行やノンバンクの住宅ローンを簡単に比較できる現代では必須ともいえます。

どの銀行の住宅ローンを選んでも大きな差が無かった時代なら、家の近くにあるとか、昔から使っているからという理由で銀行選びをしてもかまわなかったのですが、現在では銀行選びひとつで大きく損をしたり得をしたり。安心して完済できるかどうかまで住宅ローン選びで変わってくる時代なのです。

知識を身に付けながら契約まですすめる、金利はどのタイプがいいか、他行と比べて費用が安いかなど、比較、検討できることは実は大切なこと。ネット銀行のデメリットは実は今では大きなメリットに代わります。

インターネット銀行の申し込みや書類の提出は、夜間でも可能ですし、パソコンだけでなく、携帯電話やスマートフォンも利用できるので、忙しい人にもピッタリです。

住信SBIネット銀行は、正社員だけでなく、派遣や契約社員でも住宅ローンの申し込みができるようになっているので、住宅ローン審査通りやすい銀行とも言えます。

ネット銀行の審査は甘い?

では実際のところ、ネット銀行の住宅ローンの審査は甘い、通りやすいといえるのでしょうか?

低金利で諸費用が安い、サービスも良い住宅ローンを提供するためにはいくらネット銀行といってもそれだけ貸し倒れのリスクは高くなります。条件のいい商品をたくさん売る、つまり薄利多売で儲けるためには、貸し倒れリスクの高い人に貸すことが大きな問題になるのです。

そのため、条件のいい住宅ローンの審査は厳しくなる傾向があるのです。

また、地域に密着した信用金庫や地方銀行の場合にはそれまでの取引の実績などから、審査基準を満たしていなくてもここの部分には目をつぶるといった温情的な審査が行われることがあるかもしれません。

しかしそういったつながりのないネット銀行の住宅ローンは基準を満たしていない点がひとつでもあれば審査には通りません。

あくまでも基準をパスしているかどうかということだけを判断するので温情や取引実績といったことは考慮されないのです。

そのため、ネット銀行の住宅ローン審査はある意味で厳しいと感じる方が多いといえます。

審査基準を満たしていない場合問答無用で足切りされるということでそう感じてしまうのでしょう。

ですが、審査基準自体は一般の銀行と変わるものではなく、逆にサービスが良い分だけ年収の基準などが甘くなっている銀行もあるはずです。

ですから、これまでの個人信用情報に問題が無く、多くのローン借り入れも無い、人並みに安定した収入があるという人にとってみれば、ネット銀行の住宅ローン審査も充分に甘く、通りやすいと断言できます。

逆に言えば、何か問題があって審査に通るか心配という方にとって見れば確かに審査に通るのが厳しいという面もあります。

しっかりと計画を立てて借入れを進めている。そんな人におすすめなのがネット銀行の住宅ローンなのです。

住宅ローン審査通りやすい銀行ランキング[2017年12月]

じぶん銀行住宅ローン
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 三菱東京UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 来店不要で時間の制約なし
  • 保証料・収入印紙代無料
  • 業界最安水準の金利を達成
スペック表
矢印
申し込みボタン



住信SBIネット銀行住宅ローン
  • 安定かつ継続した収入があること
  • 最安水準の金利で顧客満足度が高い
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 借入れまで来店不要のネットバンク
  • 団信保険料・全疾病保障保険料無料
  • コンビニATM手数料月5回まで無料に
  • 事務取扱い手数料は借入れ金額の2%+税
スペック表
矢印
申し込みボタン



楽天銀行フラット35
  • フラット35独自の審査基準で有利
  • フラット35最低金利・手数料も安い
  • 諸費用トータルの安さで総返済額少ない
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 事務手数料引き下げあり
  • 繰り上げ返済手数料無料で100万円〜
  • 団信生命保険料は本人負担
スペック表
矢印
申し込みボタン



au住宅ローン
  • セット割でauスマホ・通信サービスがおトクに
  • フラット35最低金利・手数料も安い
  • 業界最安水準の金利!
  • 一般団信&がん50%団信保険無料
  • 保証料・印紙代が無料
  • 仮審査の結果は最短1日
  • 最短10日で契約完了
スペック表
矢印
申し込みボタン



イオン銀行住宅ローン
  • 借り入れ時年齢満20歳以上満71歳未満
  • 給与所得者は6ヶ月以上勤務
  • 経営者・個人事業主は事業開始後3年経過
  • 給与所得者は前年度年収100万円以上
  • 個人事業主は前年度所得100万円以上
  • 保証料0円・繰上げ返済手数料0円
  • イオンでの買い物が5年間毎日5%OFF
スペック表
矢印
申し込みボタン