楽天銀行フラット35の審査は厳しい?

楽天銀行のフラット35の審査は厳しい?

「楽天銀行のフラット35の審査は厳しいでしょうか?」「フラット35で一番条件がいい銀行はどこカ知りたいです。」「楽天銀行のフラット35のメリットは何でしょうか?」楽天銀行フラット35の審査についてまず結論からご紹介します。実はフラット35の本審査の審査基準や借入れ条件はその性質上どの金融機関で借りてもほぼ同じです。楽天銀行のフラット35を選ぶメリットはフラット35の最低金利を最低水準の手数料で利用できる点にあります。またネット銀行だから来店不要、全国どこからでも申し込みできる使い勝手のよさも見逃せません。一番良い条件でフラット35を借りられるのが楽天銀行です。

お急ぎの方は>>楽天銀行フラット35公式へ

楽天銀行フラット35の特徴は?

楽天銀行

楽天銀行のフラット35のメリットをまず確認すると

  • フラット35最低水準の金利
  • 融資事務手数料も最低水準
  • 保障内容充実の団信付きにリニューアル
  • 借入れまで来店不要・WEBと郵送で手続き
  • ハッピープログラムの会員ステージが一つアップ

といったことがあります。その特徴を一つ一つ詳しく見ていきましょう。

 

最低水準の金利でフラット35取扱い件数銀行業界No.1

フラット35の金利は窓口となる銀行によって異なります。現在では銀行ごとの金利差は少なくなってきてはいるものの依然として最低金利と最高金利の差は大きく、銀行選びを失敗すると大きく損をする場合もあるのです。

楽天銀行のフラット35は常に最低水準の金利で借りられるので損をする心配がありません。全期間固定金利のフラット35のメリットを最大限に活かすためにも最低金利でかりることは必須になります。

このことにより楽天銀行はフラット35取扱い件数が銀行業界No.1になりました。※楽天銀行調べ(2016年度累計実績)

お急ぎの方は>>楽天銀行フラット35公式へ

 

借入額×1.08%の融資事務手数料

フラット35でもう一つ金融機関によって異なるものがあります。それが融資事務手数料です。

フラット35の場合その仕組みから融資事務手数料はその金融機関の唯一の収入となります。手数料が安ければ安いほど儲けは少なくなるのです。そのため銀行によって大きく金額が異なります。

楽天銀行フラット35は融資事務手数料でも業界最低水準を達成し金利とあわせた総支払額を安くおさえることができるのです。

借入額×1.08%の手数料ということで例えば3000万円を借りる場合には事務手数料は324,000円になります。

フラット35の手数料だけを比較すると手数料定額式の金融機関の場合、借入れ金額がいくらでも32,800円といった金融機関もあるのですが、定額式の手数料の場合には金利が高くなっています。そのためシミュレーションをしてみればわかりますがトータルでは金利が安い楽天銀行のほうが総支払額が安くなるのです。

フラット35を選ぶ場合には手数料だけ比較、金利だけを比較といった数字の比較で選ぶのではなくトータルでいくら支払うことになるのか、つまり総支払額を比較して選ぶことが大事。その点でも楽天銀行は優れているのです。

 

保障充実の団信付き

フラット35は2017年10月から団信付きとしてリニューアルしました。その際に団信の保障内容もこれまでよりも手厚く保障するようになっています。

これまでは団信は別に支払う必要があったのですが、現在は団信保険料を含んだ金利で借りることになるので不要な手間をかけなくてもよくなり、さらに保障が充実とメリットが拡大したことになります。

現在でもフラット35は団信に原則加入のため、団信なしで団信保険料分を引いた金利で借り入れることも可能。他の生命保険でカバーできているので団信生命保険が必要ないという方でも安心してください。

 

ネット銀行だから来店不要

楽天銀行が最低水準の手数料と金利でフラット35を提供できるのはネット銀行だからです。

また当然のことですがネット銀行ということで契約や手続きで来店する必要はなく全国どこからでも借り入れることができます。

事前審査の申し込みは楽天銀行の住宅ローンサイトからすぐに可能。連絡は専用ページか電話、郵送でも可能になっているので相談などがある場合でも安心して利用できます。

電話相談なら9時から17時まで、オンライン相談なら9時から23時までできるので忙しい方でも問題なく利用できるはず。

WEBと郵送で手続きできる便利さで選ばれています。

 

ハッピープログラムの会員ステージが1つアップ

楽天銀行のハッピープログラムのステージが住宅ローンを利用することで1ランク上になります。

最高ランクの場合にはATM利用手数料が月7回無料。他行への振り込み手数料は月3回無料になるので非常にお得。

またハッピープログラムではステージがあがると楽天スーパーポイントの獲得倍率が上がるというメリットがあるのも見逃せません。

お急ぎの方は>>楽天銀行フラット35公式へ

 

楽天銀行フラット35の審査基準は甘い?

審査

フラット35の審査は通りやすいという口コミを見たことがある方も多いのではないでしょうか?

実際のところ楽天銀行のフラット35は審査に通りやすい、借りやすいといえるのかを具体的に見て生きたいと思います。

どれだけ条件のいい住宅ローンがあっても借りられなければそれは無いのと同じです。

住宅ローンを借りられる人とは、基準を満たす収入があり・年齢が適していて・健康に問題が無いという条件を満たさないといけません。

この条件から外れると借り入れがなかなか難しくなるのも事実なのです。

特に問題になることが多い、定期的な収入、基準を満たす収入に注目して考えます。

 

フラット35は収入の基準が甘い?
フラット35年収イメージ

上の図にもありますがフラット35は年収○万円以上といった年収の下限が決まっていません。基準を満たせば年収200万円であっても借りられる可能性はあります。

フラット35で問題になるのは年収に対する総返済負担比率でこれは住宅ローンの返済を含めたすべての借金の返済額が年収の何パーセントになるのかということだけなのです。具体的にいえば

  • 年収400万円未満・・・・30%
  • 年収400万円以上・・・・35%

この基準になります、年収350万円であればその30%ですから借金の年間返済額が105万円以内に納まればフラット35の年収の基準は満たします。

注意点としては住宅ローンの年間の返済額が105万円以内ではなく、すべてのローンの返済額のトータルが105万円以下であることです。

これはカードローン、クレジットカードのキャッシング、分割払い、教育ローン、マイカーローンなどすべての借り入れが含まれます。

ですから現在マイカーローンを借りたばかり返済額も多いといった場合にはフラット35の借入限度額を低くしなければいけないということになってしまいます。

フラット35に限らず住宅ローンを借りたいと思ったら数年前から準備をしておいて、借り入れを減らす努力をしておくと年収が足りずに審査に落ちたという悲劇を減らすことができるでしょう。

ちなみに年収350万円の場合の上限105万円をフルに住宅ローンの返済にまわせるとして借入限度額をシミュレーションしてみます。

年収350万円・金利1.35%全期間固定・元利均等返済の場合借りられる限度額は2,927万円になりました。

あくまでもこの数字はシミュレーション上の上限であり、必ず審査に通るという数字でもありませんが楽天銀行のフラット35でも最大ならここまでは借りられるということになります。

2797万円を年収の350万円で割ると7.99となり年収のほぼ8倍になります。ここまで借り入れてしまうと将来的に返済ができなくなる可能性が非常に高くなるためおすすめはできませんがこれを大きく下回る金額を借りる場合にはより審査に通りやすくなることは間違いありません。

お急ぎの方は>>楽天銀行フラット35公式へ

 

楽天銀行フラット35の頭金はいくら用意すれば良い?

審査

次にフラット35を借り入れるための頭金はいくらくらい用意すればいいのでしょうか?

フラット35は現在住宅購入金額の100パーセントまでつまり頭金無しでの借り入れも可能になっています。

しかし9割以上の借り入れの場合には金利が割高になってしまいフラット35の大きなメリットがなくなることになるため10割フルローンを借りるのではなく最低限頭金は1割用意しておくことが必須と考えてください。

1割以上であればいくらでもかまわないということにはなるのですが審査に通ることを考えると頭金は多ければ多いほうがいいということになります。

しかし頭金が貯まるのを待っている間に金利が上がってしまったり、ライフスタイルの変化などがあるかもしれません。また住宅ローン減税のことを考えれば頭金を多くするよりも低金利である程度の金額を借り入れたほうが結果的に得することもあるため1割から2割程度の頭金が用意できれば事前審査に申し込んでみることをおすすめします。

フラット35のメリットについて詳しく知りたい方はこちら

フラット35の審査が甘い銀行について詳しく知りたい方はこちら

お急ぎの方は>>楽天銀行フラット35公式へ

 

楽天銀行フラット35の審査にかかる時間は?

審査

楽天銀行フラット35を借りる際の手続きの流れについて確認します。

まず審査にかかる時間についてですが、事前申し込みから契約、融資実行まで最短で35日程度必要になると公式ページに書いてあります。

一般の住宅ローンと比べるとフラット35は住宅金融支援機構とのやり取りもあるため手続きが煩雑になりがちです。必要書類の用意と提出などが遅れるとさらに時間がかかるため余裕を持った申し込みができるとベストでしょう。

またお急ぎの方はご相談くださいということなのでもう少し早く融資実行まで持っていける場合もありそうです。

審査にかかる時間を細かく見てみると、事前審査に8~11日、本審査が7~14日、契約に20~30日が手続きにかかる時間の目安なので最短で35日、長ければさらにかかる場合もあると考えておきましょう。

楽天銀行はネット銀行ですから申し込みはWEBで、書類のやり取りは郵送ということになるため多少時間がかかるのは仕方が無いところでしょう。

お急ぎの方は>>楽天銀行フラット35公式へ