フラット35の審査基準は厳しい?

フラット35の審査基準は本当に厳しい?

フラット35
そもそもフラット35とは?

まず、フラット35とはどのような住宅ローンなのかをまずは確認しておきましょう。

フラット35とは長期固定金利で、たくさんの銀行やノンバンク、住宅メーカーなどでも取り扱っている住宅ローンという点については多くの方がご存知だと思います。

その成り立ちを詳しく見てみると多くの点で一般の住宅ローンと異なっていることがわかります。

フラット35の特長としては

  • 最長20年、または35年の固定金利
  • 質の高い住宅を取得する場合に金利引き下げが受けられる
  • 保証料無料・繰上げ返済手数料無料
  • 団体信用生命保険は原則加入
  • 2017年10月から団信保険料が金利に含まれる
  • 建物に関する技術基準が厳しい
  • フラット35特有の審査基準

といったことがあります。

実際に住宅ローンを借りる場合には成り立ちなどを詳しく知っておかなくても問題は無いのですが、もう少し詳しくその成り立ちを説明すると。

フラット35は民間銀行が窓口となって受け入れた住宅ローンを住宅金融支援機構が譲り受けて資金調達を行うという仕組みになっています。

住宅金融支援機構が責任を持つため、申し込みの条件や審査基準は全国どこでも共通なものとなります。

民間銀行は窓口となってローンを提供するため、金利設定、事務手数料、提出書類などはそれぞれの銀行が決定します。

そのため、フラット35は同じ名前の住宅ローンなのに銀行によって金利に差があり、手数料も異なります。

つまり、審査基準は同じなのに、選ぶ銀行によって金利や手数料が異なり最終的な支払い総額がことなるため銀行選びが大きなポイントとなるのです。

また、住宅金融支援機構とは以前の住宅金融公庫であり、現在でも依然として公的なローンの性格が強いという特徴があります。

そのため、一般の住宅ローンと比較すると、フラット35は建物の基準や細かな点では厳しい決まりがあるものの、審査をみると借りやすい住宅ローンになります。

例えば口コミを見ると、「フラット35の審査が通らなければ他の住宅ローンも期待できない」といった意見をよく目にします。

言ってみれば、フラット35は住宅ローンを借りたいという方にとっての最終手段のような役割になっていると考えている人も多いのです。

ですが、決して借り入れ条件が厳しかったり、借り手にとって不利な住宅ローンではありません。

長期固定金利の住宅ローンで安定した返済と資金計画を目的としている方には積極的におすすめできます。

住宅ローン審査通りやすい銀行ランキング[2017年10月]

じぶん銀行住宅ローン
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 三菱東京UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 来店不要で時間の制約なし
  • 保証料・収入印紙代無料
  • 業界最安水準の金利を達成
スペック表
矢印
申し込みボタン



住信SBIネット銀行住宅ローン
  • 安定かつ継続した収入があること
  • 最安水準の金利で顧客満足度が高い
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 借入れまで来店不要のネットバンク
  • 団信保険料・全疾病保障保険料無料
  • コンビニATM手数料月5回まで無料に
  • 事務取扱い手数料は借入れ金額の2%+税
スペック表
矢印
申し込みボタン



楽天銀行フラット35
  • フラット35独自の審査基準で有利
  • フラット35最低金利・手数料も安い
  • 諸費用トータルの安さで総返済額少ない
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 事務手数料引き下げあり
  • 繰り上げ返済手数料無料で100万円〜
  • 団信生命保険料は本人負担
スペック表
矢印
申し込みボタン



au住宅ローン
  • セット割でauスマホ・通信サービスがおトクに
  • フラット35最低金利・手数料も安い
  • 業界最安水準の金利!
  • 一般団信&がん50%団信保険無料
  • 保証料・印紙代が無料
  • 仮審査の結果は最短1日
  • 最短10日で契約完了
スペック表
矢印
申し込みボタン



イオン銀行住宅ローン
  • 借り入れ時年齢満20歳以上満71歳未満
  • 給与所得者は6ヶ月以上勤務
  • 経営者・個人事業主は事業開始後3年経過
  • 給与所得者は前年度年収100万円以上
  • 個人事業主は前年度所得100万円以上
  • 保証料0円・繰上げ返済手数料0円
  • イオンでの買い物が5年間毎日5%OFF
スペック表
矢印
申し込みボタン



フラット35の審査基準は厳しい?記事一覧

2017年10月1日の申し込み受付分からフラット35の制度が変更されることが決まりました。これまでもフラット35は時代のの変化に合わせて細かな修正を続けながらより便利な住宅ローンへと改善されてきましたが、今回の制度変更はそのなかでもかなり大きな変更となります。フラット35が団信付きになって何が変わるのかをまずまとめるとフラット35が団信付きになり保険料が金利に上乗せ年払いだった団信保険料が毎月の返...