住宅ローン通りやすい人とダメな人の違いとは?

通る方法

どうして審査が必要なの?

住宅ローンやカードローン、クレジットカードなど借り入れや入会には「審査」があります。

では、なぜ審査をする必要があるのでしょうか?

金融機関や信販会社などは利用者にお金や商品代金を貸すわけですが、初対面で何の信頼関係が無い人に貸してもキチンと返してくれる保証はありません。

そこで、「この人に貸しても返してくれそうか?」という裏付けをとるのが「審査」なのです。

利用希望者の環境を調べて審査してOKが出れば「安心して貸せる人」という判断になり、その人の信用度によって借りかれる金額が決まるのです。

ですから住宅ローン審査に通りやすい人とは、銀行などの金融機関から見て安心して貸せる人といってよいでしょう。そのように判断されるためにはどのような条件が必要になるのでしょうか?

もっとも、住宅ローンの場合は「○○万円貨して」と申し込んでみてOKかNGを審査されるので、カードローンの審査とは逆ですけれどね。

住宅ローン審査落ちの知友は教えてくれない

住宅ローンの審査に通った人は「ラッキー!!」ということで「おめでとうございます!」となるのですが、不幸にも否決された人は「自分がなぜ落とされたのか?」と割り切れない気持ちになりますよね?どこが悪かったのか理由を知りたいのも当然です。

審査に落ちた金融機関に「どこが悪かったのか」と問い合わせてもほとんどの場合その理由は教えてくれません。

学生時代のテストでは、答え合わせがあったので自分の間違いを分析し理解、改善できたのですが住宅ローン審査ではマイナスポイントを教えてくれないので理由もわかりません。

しかも今後に大きな影響を与える審査に落ちるのですから納得できない人も多いと思います。

一方で、審査に落とした金融機関側は、申込者に対して「今後はここに気を付ければ審査に受かるかもしれませんよ」なんてアドバイスをすることは無いのです。落とした人が次に別の金融機関の住宅ローン審査を受けたとしても、合否結果は何ら関係ありませんので否決ポイントを答える必要もないのです。

住宅ローン審査基準は公表されていない

どの金融機関も住宅ローンの細かな審査基準は公表していません。むしろその部分が銀行運営において一番大切なポイントなので公表することは無いのです。ですから住宅ローン審査に通りやすい人といっても一概にこのような人とはいえません。

住宅ローンというのは非常に大きな金額を長期間にわたって返済していくものであり、さらに言えば一度その銀行で住宅ローンを借りると給与振込口座や、公共料金の引き落とし口座、クレジットカードの引き落としなどをすべてその銀行でまかなう可能性も高くなります。

住宅ローンを借りられるだけの安定した収入と信用をもった優良な顧客を囲い込むことができる大きなチャンスなのですから、どこの銀行も実際にはできるだけ多くの人に住宅ローンを借りてもらいたいのです。

ですが審査を甘くして貸してしまうと貸し倒れの危険性が高くなり、今後のリスクという点でマイナスの影響が大きくなってしまいます。

顧客獲得競争に勝つことと、リスクの無い安定した経営のバランスのために重要なのが審査基準なのです。ですから、どの金融機関も審査基準は公表していないのです。

そのため住宅ローン審査に通るためにはどうすればいいのかといったことが曖昧になりがちです。しかし住宅ローン審査に通りやすい人を考えるときは基本中の基本ですがまずは継続して安定した収入があること。この部分をしっかりと考えて数年前から計画を立てて行くことが大事になります。

特に自営業の方の場合などは収入の申告も年単位で計画を立てておくことをおすすめします。

一般的に考えられる審査基準とは?

まず、借入れを希望する住宅ローンの申し込み者についての審査基準を考えてみましょう。住宅ローン審査の最大の目的は「きちんと返済してくれる人か?」ということに尽きます。

そのためには、申し込み者の勤務環境や生活環境などを審査します。これを属性審査(スコアリング)と言います。

これからの生活で大きなリスクがあるかどうか、勤務先の安定度やこれまでの転職状況、収入の状況、子供の進学や就職なども考慮した家族構成など様々な点からあなたの安定度を審査されます。

審査に通りやすい人の属性はどのようなものなのかを考えるとわかりやすいかもしれません。

これから先数十年にわたって安定して住宅ローンの支払いができるだろうという基準を満たすことが必要になるのです。そういった意味で安定度の高い公務員は通りやすいとよく言われることもわかるでしょう。

同時に、申し込み者が信頼できる人物なのかを調査する信用情報も行われます。

この場合の信用とは、これまでにお金を借りてそれを遅れることなくきちんと返済しているかということ。クレジットカードの支払いや、カードローンなどを借りて、延滞した記録が無いかといったことを信用情報機関に問い合わせするのです。

ここで、金融事故といわれる記録が残っていると残念ながら住宅ローン審査に通るのは難しくなります。

また、これまで一切お金を借りたことが無いしカードも使ったことが無いので大丈夫だろうと考える方も多いかもしれません。確かに、悪い記録が残っているよりはいいのですが、クリーンすぎる場合もきちんと返済していくことができるかどうかがわからないということでマイナスに評価されることもあります。

個人の信用情報をしっかりと積み上げている人、これもまた審査に通りやすい人の条件になります。借りたお金やクレジットカードの支払いは毎月決まった日にきちんと返済する。それを長年続けて信用を積み上げていくことも重要なのです。

属性審査(スコアリング)

まず、申し込み者の収入源・職業を審査します。

1.業種について

 「安定した業種であるか」が重視されます。具体的には、医者・公務員・弁護士などの流行に関係のない職業が評価され審査に通りやすい人になります。

2.勤務先

 「潰れにくい会社であること」がポイントです。公務員や大企業の社員が高評価です。

3.雇用形態

 「クビになりにくい契約」がポイントです。 基本的に「正社員」が条件となっている銀行が多いようです。

 正社員 > 契約・派遣社員 > パート・アルバイト・自営業 > ニート・無職・専業主婦の順でランキングが下がっていきます。※パート・アルバイトを総称してフリーターと評価することもあるようです。

4.勤続年数

長いほど評価されます。住宅ローンの場合は、最低でも3年以上は必要です。

これらの項目をランク分けしてポイント制で採点する審査なので、属性審査は別名ランキングとも呼ばれています。

5.年収

多いほど良いですが年収額が大きく変動するのはマイナスになります。あくまでも安定していることが重視されるのです。

6.健康状態

住宅ローン利用者は完済するまで働いて返済していくことが前提ですから、健康であることが求められます。又、多くの住宅ローンでは団体信用生命保険の加入が申し込み条件になっているので、健康状態は重要な審査項目になっています。

持病や怪我などの健康面でも通りやすい人と通らない人の差が出てくるのです。

信用情報

申し込み者に関して、これまでのクレジットカードやその他の債務と返済状況を調べる審査が信用情報です。

審査方法は至って簡単で、個人信用情報機関へ照会をかけるだけです。ここから得られる情報はクレジットカードやカードローンの利用状況などが一目瞭然なので、事前審査でウソの記載をしても一発でバレてしまいます。

又、返済や自動引き落としの遅延情報も記載されているので、これらの情報が掲載されている人は住宅ローンの申請を最低でも5年は控えた方が無難です。

更に、自己破産歴がある人は、最低でも10年間は見送った方が良いでしょう。

また自己破産した際に借りていた銀行などの金融機関には記録が残っているため、自己破産後一定の期間がたっていても住宅ローンの申し込みをすることは避けてください。

金融事故を起こした経験がある人は残念ながら審査に通りにくい人ということになります。

カードローンやマイカーローンは完済しておくこと

消費者金融や銀行のカードローンを多数利用している人は、金銭管理能力が乏しいか経済力が無い人と判断されるので住宅ローン審査では好ましくありません。

マイカーローンのような金額が大きいローンがあると住宅ローンの返済に支障が出る可能性があるので審査では不利になります。

ショッピングローンやリボ払いのような金額が小さいものに関してはきちんと返済していれば問題はありませんが、金額や件数が多い人は事前に整理してから審査に臨みましょう。

過去において返済をきちんとしていて、現在はローンをあまり利用していない人、これがローンの面で審査に通りやすい人になります。

意外な落とし穴!クレジットカード

以外に見落としがちですが、クレジットの枚数も住宅ローン審査に大きく影響します。

私自身も勘違いしていたのですが、「クレジットカードを作れるということは、社会的信用があるからだ」と思っていたら大間違いです。

クレジットカードの枚数が多いと、住宅ローン審査には不利になるのです。

というのは、クレジットカードのキャッシング枠は1円も利用していなくても借入金とみなされるのです。つまり、キャッシング枠10万円のカードを5枚持っていたら、それだけで50万円の借入金と判断されてしまうということなのです。

ですから、不要なクレジットカードは解約する事、必要なクレジットカードはキャッシング枠を0円か最低額に変更しておくことが重要なポイントになります。

以上の項目が、常識的に考えた審査基準です。

属性や信用情報に関しては一朝一夕で何とかなるものではありませんが、それ以外の項目については解決して住宅ローン審査に通りやすい人になってから申し込みに臨むことをオススメします。

住宅ローン審査通りやすい銀行ランキング[2017年8月]

住宅ローン審査に通りやすい人記事一覧

審査に落ちる人は信用度が足りない住宅ローンの審査内容は、金融機関にとって異なりますが目的は同じです。それは「ちゃんと返済できる経済力があるかどうか」という点に限ります。住宅ローンは融資金額が大きく返済期間が長いので、安定した収入を長期間に渡って得られることが重要です。そのためには、勤務先や勤続年数は重要な審査要件となります。又、返済額に無理が無いかというチェックのためには年収も確認されます。これら...
住宅ローン審査に即日回答はない!憧れのマイホーム探し!コレだ!!と思う物件を見つけたら、他人に先を越される前になるべく早く購入したいと思いますよね。何しろ、車や家電とは違ってマイホームは「一点もの」なのですから!また、もっと深刻な問題として、すでに申し込んだ住宅ローンをあてにしてマンション購入や住宅建設の話が進んでいるのに、審査に落ちてしまった!すぐに次の住宅ローンを見つけて審査に通さなければいけ...
住宅ローンの審査基準は金融機関によって違う住宅ローンに限らず、ローンの審査基準は金融機関によって大きく違います。審査基準ガイドのような統一の基準はありません。ですから、A銀行の住宅ローン審査には通ったがB銀行では落ちたという話はよくあります。この場合、B銀行の住宅ローンが厳しくA銀行の審査が甘いと思われるかもしれませんが、決してそのようなことはありません。銀行などの金融機関は、利用者から預かったお...