じぶん銀行の住宅ローンは審査が甘い?

じぶん銀行住宅ローンは審査が甘い?厳しい?

「住宅ローンを借りたいけれど今の収入で審査に通るか不安…」「他で住宅ローンに申し込んだけれど審査に落ちたのでじぶん銀行で申し込んでも大丈夫?」まずは結論から。じぶん銀行住宅ローンは前年度年収200万円~など申し込みしやすいことは間違いありません。全国どこからでも利用でき、低金利と充実したサービスそして審査のスムーズさで選ばれている人気の住宅ローン。すでに多くの方が利用している利用実績の高さから安心して申込みできます。

見出し
矢印
申し込み

au住宅ローンの詳細はこちらに詳しくまとめています。

じぶん銀行住宅ローンの審査基準は通りやすいの?

イメージ

このページでは「じぶん銀行住宅ローン」の審査基準について詳しく調べていきます。注目を集めているじぶん銀行の住宅ローンの審査が甘いという口コミは本当なのでしょうか?

まず、じぶん銀行の公式サイトで住宅ローンの商品情報を確認します。利用できる方の条件として以下のことが書かれています。

  • じぶん銀行に円普通預金口座をお持ちの方
  • 申し込み時の年齢が20歳以上65歳未満で、最終返済時が満80歳の誕生日までの方
  • 安定かつ継続的な収入のある方
  • じぶん銀行指定の団体信用生命保険に加入できる方
  • 日本国籍。または永住許可を受けている外国籍の方
  • じぶん銀行が定める借入条件に該当する方

ここで注意しなければいけないのが年齢の条件と、収入、団信生命保険、そして借り入れ条件です。

年齢については申し込み時の年齢が20歳以上65歳以下というだけではなく、完済時の年齢が満80歳の誕生日までと決められている点に注意が必要です。

年齢の条件については借り入れ期間、返済金額を調整することで解決できるので、審査の際にそれほど問題にはならないかもしれませんが。たとえば、60歳を越えている方が申し込む場合には注意しておく必要があります。



住宅ローン審査に通るかどうかということを考えるときに多くの方が気になるのが収入についての基準になります。

じぶん銀行住宅ローンの審査申し込み基準をみると「安定かつ継続的な収入がある方」となっています。具体的には前年度年収200万円~とされています。

安定していて継続した収入は曖昧な表現ですから、仮に収入面で審査に落ちたとしてもその原因がわかりにくくなるといった問題もあります。

それでは目安として年収がどれくらいあれば大丈夫なのかということが気になるところですが一般的には住宅ローン審査に通るために必要な収入はすくなくとも年収300万円程度は必要になるといわれます。じぶん銀行の場合それが200万円からとなっているため、申し込みのハードルが低くなっているといえるでしょう。

申し込みのハードルが低いといっても借入れ希望額に対してあまりにも収入が低い場合にはその時点で審査に落ちる可能性が高くなることは間違いありません。

次に審査基準で大事になるのが団体信用生命保険に加入できる方という部分です。

じぶん銀行の団信は「がん」と診断された場合に住宅ローンの残高が半分になる「がん50%保障団信」の保険料が無料など最初から保障内容がかなり充実しています。

団信の保障が充実していることはそれだけで大きなメリットなのですが、それだけに健康面に問題がある場合には団信保険に加入することができず、住宅ローンの申し込みができないという可能性も高くなるのです。

借入金額が高額になる場合や保障が充実した団信の申し込みの際には保険会社所定の健康診断結果証明書の提出が必要になることもあるため、健康面で不安がある場合には審査が厳しくなることも考えられます。この点にも注意が必要になるでしょう。


 

流れ

「じぶん銀行が定める借り入れ条件に該当する方」

住宅ローン審査に通りやすい銀行、審査が甘い銀行というのは結局のところこういった独自で定められている借り入れ条件がどうなっているかという点で決まります。

当サイトでも何度も繰り返し説明していますが、住宅ローンの借り入れを希望する場合、審査されるポイントは非常に多くなります。

現在の収入、勤務先、勤続年数、家族構成、家族の年齢、扶養家族の有無、これまでのクレジットやローンの借り入れ状況、返済状況、など非常に多くの事柄を総合的に判断して、その人が安定して継続的に住宅ローンを返済していくことができると判断された場合にだけ審査に通るのです。

住宅ローンの借入を希望する方の状況は人それぞれ大きく異なっているため、申し込んだ誰もが審査に通りやすい、審査が甘い銀行というのは実際のところ存在しません。

口コミで借りやすい住宅ローンだと思いますといった評判があっても、それはあくまでその口コミを書いた人の場合であって、それがすべての人が借りやすいということには繋がらないのは当然のことです。

じぶん銀行住宅ローンは金利も安く、団信やその他のサービスも充実しているため非常に魅力的な商品であることは間違いありませんが、その分だけ審査が厳しくなっている点があるかもしれないというのは常に念頭においてください。

じぶん銀行住宅ローンは口座が無くても仮審査の申し込みは簡単にできます。また最短で同日に回答がもらえるスピーディーな審査も特徴ですから、じぶん銀行の住宅ローンについて知りたいと思ったら、まずは仮審査の申し込みをすることをおすすめします。

PCやスマートフォンを利用していつでも、どこからでも申し込みができるので、気軽にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。



じぶん銀行住宅ローン審査の良い口コミは?

 

がん50%保障団信が決め手
【33歳・男性・運送業】
マイナス金利になる前にマイホームを購入したので、借り入れした銀行の住宅ローン金利が0.900%でした。自分はスマホの通信会社はauを使っており、じぶん銀行の口座も持っていました。時代はマイナス金利になり、どこの銀行も住宅ローンの金利を引き下げていました。借り換えた方が毎月の支払いが少しでも少なくなるのではないかと思い、借り換える銀行を探していました。じぶん銀行の住宅ローンを選んだ理由は、住宅ローン金利が0.497%と低く設定されていたこともあったのですが、一番の決めては「がん50%保障団信」が保険料0円で入れることでした。自分の家系は親父も祖父もがんで亡くなっているため、がんは遺伝だと言われているので自分もがんになる可能性が高いと思っています。なので、がんと宣告されただけでマイホームのローン残高が半分にしてくれるじぶん銀行の住宅ローンに決めました。じぶん銀行の住宅ローンに借り換えるとセカンドオピニオンサービスや24時間電話健康相談サービスまであるので自分の体に心配事があったらすぐに聞くことができるので安心です。今まで住宅ローンやその他の支払いで滞納や遅滞もしたことないですし、住宅ローン以外はお金を借りていないので、審査はあっさり通りました。銀行だから少しは厳しいかなと思っていたのですが、そんな感じではありませんでした。


 

 

自分で手続きをするのは労力が大変かも
【34歳・女性・会社員】
終身保険を契約する際、保険の外交員にライフプランの見直しをしてもらい、住宅ローンの金利をもっと安いところに乗り換えてみてはと提案されました。インターネットの比較サイトで、当時の変動金利が低かったじぶん銀行で審査をしました。もとのローン手続きは住宅購入の際に、不動産会社がすべて手続きをしてくれたので煩わしさはありませんでしたが、ネット銀行はすべて自分で書類を用意したり、アップロードしたりと大変でした。また、どのような書類を提出するのかというチェックリストがあるのですが、必ずしもそれに一致する書類がある訳ではなく、源泉徴収票も育児休暇中で手元になく、その場合はどうするのか、といったことなど電話で何時間も相談したりして大変でした。金利は確かに安くて魅力的ですが、労力を覚悟の上で審査申込をしなければならないと思いました。


 

 

審査時間が早い!
【37歳・男性・会社員】
他社の審査に落ちてしまったので、じぶん銀行住宅ローンを申し込みしようと思いました。審査は10日間で終わりました。仮審査は4日程度で終わったので凄く早いなと思いました。他社の審査は3週間くらいかかったので凄く早く感じました。無事に審査に合格する事ができました。収入条件ギリギリの年収だったんですが金利も低くて凄く良いです。auのスマホを使っているので、毎月500円分のキャッシュバックを受ける事ができて少し得した気分になっています。がん50%保障団信を完全無料で付帯する事ができたので、いざという時も安心感があります。住宅購入を諦めるしか無いのかなと思っていたので、本当に嬉しかったです。じぶん銀行住宅ローンは庶民の味方ですよ。


 

 

じぶん銀行住宅ローンの悪い口コミは?

 

勤続年数の長さが足りなかった?
【37歳・男性・会社員】
年収要件が甘めで、がん50%保障団信が魅力だなと思ったのでじぶん銀行住宅ローンを申し込みしました。当然審査は受かると思っていたんですが落ちてしまいました。何がいけなかったのかじぶん銀行に聞く事ができないので憶測でしかわからないんですが、多分勤続年数が浅かったのが理由なのかなと思っています。転職して2年目だったんですが年収は290万円あったので大丈夫だと思っていました。過去にサラ金からお金を借りていた事もあったんですがそれは全部完済していたので関係無いと思います。私の見解としては年収よりも勤続年数の長さが重要なのかなと感じました。凄く落ち込んでいますがまた他の場所の審査を受けてみようと思っています。


 

 

私名義だったのが悪かった?
【29歳・女性・公務員】
1年前に主人ではなく、私の名義でじぶん銀行の住宅ローンに申し込みました。子供を作る前に、賃貸から自分達のお家を持ちたいと話し合い申し込む事を決めました。主人は私より収入も少なく、今は完済済みですが数年前に数件借金もあったので私の方が審査に通りやすいんじゃないかという事でした。あまり妻名義で住宅ローンを申し込むという話を聞かないし、何か訳ありなんじゃないかと疑われたりするんじゃないかなぁと不安がかなりありました。実際に申し込んでみると、私自身ブラックなどの審査落ちしそうな点は見当たらなかったのですが結果落ちてしまいました。はっきりした理由は分からないのですが、主人ではなく妻の私名義だったことが少しは関係しているんじゃないかと今でも思います。


 

じぶん銀行住宅ローンの団信生命保険をもっと詳しく!

保険
そもそも団信とは?

じぶん銀行の住宅ローンは団体信用生命保険が充実していることが大きなメリットのひとつにあげられます。

ここでは、団信の保障が充実しすぎて逆にわかりにくくなっているのではないかと感じるくらいのじぶん銀行住宅ローンの保障についてしっかりと説明していきます。

団体信用生命保険(団信)は住宅ローンを返済中に、事故や病気などの万が一の場合に生命保険会社が住宅ローンの残高を支払ってくれるという保険制度です。

不測の事態が起こっても住宅ローンの返済に困ってしまうということが無くなり、将来のリスクに備えることができるためほとんどすべての住宅ローンが団信の加入を義務付けています。

もちろん、じぶん銀行の住宅ローン契約者の方も加入しなければいけません。また、加入の際には健康診断結果を提出しなければいけない場合もあります。

そのため、健康面で問題がある場合には団信に加入できず、住宅ローンを借り入れることができないということになってしまうこともありますが、団信に加入していれば残された家族の方も安心してマイホームに住み続けることができるという非常に大きなメリットには変えられません。

 

じぶん銀行住宅ローンの団信プランは?

多くの住宅ローンの団信生命保険は1種類かあっても3疾病保障、全疾病保障を付帯させるかどうかを選ぶという2種類くらいの団信しかありません。

じぶん銀行住宅ローンの場合には、団体信用生命保険が5種類用意されています。

まずは一般団信と、がん50%保障団信。これは金利上乗せなしで利用でき、保険料も銀行が負担するため、借り入れる側は保険料を支払う必要がありません。

フラット35の場合には団信生命保険料は借りる側が負担しなければいけませんから、団信保険料だけでトータルでは数百万円得することになります。

一般団信の保障は、死亡・所定の高度障害状態、余命6ヶ月以内と判断された場合に住宅ローンの残高相当額が保険金として支払われることになります。

じぶん銀行の場合がん50%保障団信も保険料はかかりません。保障内容はその名前のとおり、がんと診断された場合に、住宅ローンの残高相当額の50%が保険金として支払われることになります。

これはがんの進行程度にかかわらずがんと診断が確定された場合に支払われるため、メリットが大きいのです。

がん100%保障団信の場合には金利が年0.2%上乗せされます。保険料の金額が上がるのではなく、金利が上がるということで諸費用の増加を防ぐことができ安心と借りやすさを両立しているといえるでしょう。がん100%保障なのでがんと診断が確定された場合にも住宅ローン残高が100%保険金として支払われます。


 

最大限の保障の11疾病保障

11疾病保障団信は金利が年0.3%上乗せされますが、がんだけではなく、10種類の生活習慣病で入院が継続180日以上になった場合にも住宅ローン残高相当額が保険料として支払われます。これだけの保障内容であれば、将来の病気や事故に対する備えは万全だといってもいいでしょう。

金利が0.3%上乗せされるといっても、じぶん銀行住宅ローンの場合にはもともとの金利が低く設定されているため、団信で大きな保障をつけても実質的な金利は他の銀行と同じ水準になるだけと考えていいのではないでしょうか。

 

健康上の理由で団信に加入できない場合はアウト?

持病があったり、これまでに大きな病気を経験したことがあるなど健康上の理由によって団信に加入できない場合、ほとんどの住宅ローンは審査に通らず借入れすることができません。

団信の審査に落ちる、団信に加入できないということで住宅ローンをあきらめなければいけなくなったという方、現在悩んでいるという方もいらっしゃるはずです。

そういった方のためにじぶん銀行住宅ローンは一般団信だけではなくワイド団信というものを用意しています。これは一般団信よりも引き受け範囲を拡大したもの。

引き受け範囲を拡大というのは簡単に言えば健康上の理由で一般団信に加入が認められない場合でも加入条件が緩和されて広がるので加入できる可能性があがるというもの。保障内容は一般団信と同様ですが、金利が0.3%上乗せされることになります。

高血圧症や糖尿病・肝機能障害といったこれまでは加入できなかった病気にかかっている方でも加入できる場合があるのです。(健康状態により保険会社が加入を断る場合もあります。)

ワイド団信は満65歳の方まで加入できるので年齢条件も緩和されています。

 

じぶん銀行住宅ローンの団信の特典とは?

さらに11疾病保障団信、がん100%保障団信、がん50%保障団信に加入した方限定で2つのサポート特典が付いてくるのも魅力。

セカンドオピニオンサービスと24時間電話健康相談サービスを受けることができます。

「セカンドオピニオン」とは主治医以外の医師に現在の症状について診断をしてもらい2つ目の意見を聞くことでよりよい医療を選択することができるというもの。

じぶん銀行の場合

11疾病保障団信、がん100%保障団信、がん50%保障団信いずれかにご加入のお客さまは、各専門分野の医師(総合相談医)の面談を通じて、現在治療中の病気に関する「セカンドオピニオン」や必要に応じて「優秀専門臨床医の紹介」を受けることができます。

と、24時間電話健康相談サービスとあわせて万が一の場合に心強いサービスです。


 

じぶん銀行住宅ローンのメリットとデメリットは?

調査

じぶん銀行の住宅ローンのメリットとデメリット、そして落とし穴について考えていくためにまずじぶん銀行住宅ローンの特徴をいくつかピックアップしてみると

  • 特に変動金利が魅力的な低金利
  • 「がん」と診断されるとローン残高が半分に
  • 契約書の記入や捺印が一切不要
  • 色々お得な6つの0円
  • auユーザーならさらにお得

といったことがあげられます。

ここではまず、じぶん銀行住宅ローンのメリットについて細かなところまで詳しく見ていきます。

 

変動金利が魅力的な低金利

住宅ローンの金利を比較する場合には表示されている金利だけではなく、手数料、保証料、団信生命保険料といった諸費用を含めた実質金利で比較することが重要になります。

住宅ローンのWEBサイトや広告で表示されている金利は低いけれど、実際には諸費用が多くかかってしまって借り入れてみたら大きく損をしていた、手数料が定率式で比較したら他行よりずっと高かった、といった失敗ことを防ぐためにもトータルの支払額がいくらになるのかということを重視することが必要なのです。

そういった面から見てもじぶん銀行住宅ローンは非常に金利が低いことが大きなメリットのひとつになります。

変動金利は特に最低水準の金利を提示していて、さらにサービスも充実しているのがじぶん銀行の金利面でのメリットになります。

また短期固定金利も有利に借りることができますが、長期固定金利に関しては金利が高いためあまりおすすめできません。


 

団信生命保険が充実

じぶん銀行の住宅ローンのメリットは金利面だけではありません。団体信用生命保険が充実していることも大きなメリットなのです。

まず、申し込み、告知も原則はネットでの手続きで完結(保険会社所定の健康診断結果証明書の提出が必要になる場合もあります)と手続きが簡単に終わる点も魅力的ですがそのほかにも「がん」と診断されると住宅ローンの残高が2分の1になる、「がん50%保障団信」が最初から付帯します。この団信は保険料を負担する必要なし。つまり無料で付いてくるのです。

さらに、がんだけではなく10種類の生活習慣病を保障してくれる、11疾病保障団信などさらに充実した内容の団信がニーズに合わせて5つ用意されているなど、他の銀行の住宅ローンと比較してもかなり充実しているのが特徴です。

病気の面で団信生命保険の審査に通るか心配な方にはワイド団信も用意されているので、団信の審査が心配な方にもメリットがあります!

※がん100%保障団信は年0.2%上乗せ、11疾病保障団信は年0.3%上乗せ、ワイド団信は年0.3%上乗せ金利が設定され、お客さま負担が発生します。

 

契約書の記入や捺印が一切不要

住宅ローンの申し込みといえば、書類での契約書のやり取りに時間がとられ煩雑な手続きが問題になることも。

じぶん銀行の住宅ローンは契約手続きがネットで完結、契約書の記載や捺印が不要になります。

このことで、申し込みから契約まで、住宅ローンなのに最短だと10日という短期間で終わるケースも!

諸費用の中でもトータルすると大きな金額になってしまう収入印紙代も無料になるなど諸費用の面でのメリットもあります。

 

6つの0円って何?

じぶん銀行住宅ローンの6つの0円とは住宅ローン借入れで発生する様々なコストを削減できることを表します。

住宅ローン選びで大事なのは、金利、手数料、保証料といわれ、この3つか高い住宅ローンはトータルで大きく損をしてしまうことにも。そういった面でもメリットがあるのがじぶん銀行なのです。

6つの0円を細かく見ると

  • 一般団信の保険料
  • がん50%保障団信の保険料
  • 保証料
  • 資金移動
  • 一部繰上げ返済手数料
  • 収入印紙

この6つの手数料が0円(無料)になるのです。最近は非常にサービスが充実した住宅ローンが増えてきていますが、その中でもじぶん銀行は低金利を実現しているのに、これだけのメリットがあるということで非常にお勧めできるものになっています。

 

じぶん銀行住宅ローンは手数料が高い?

じぶん銀行住宅ローンの事務手数料は借入れ金額の2.16%となっています。これは定額制の銀行と比較すると確かに高いためデメリットと捉えられがちですが、手数料が定額の住宅ローンは金利が高く、その他の面でマイナスになることが多く、じぶん銀行住宅ローンの場合には、手数料は他のネット銀行と同じ水準で、サービスが充実しているということを忘れてはいけません。

シミュレーションをすることでトータルでのお得さ、そしてその他の面でも充分にお得なことがわかるはずです。



じぶん銀行の審査研究記事一覧

じぶん銀行の住宅ローンは借り換えでの利用も可能です。住宅ローン借り換えでじぶん銀行を選んだ場合にはどのようなメリットがあり、どのような落とし穴があるのでしょうか?ここで詳しく説明していきます。じぶん銀行住宅ローンの公式サイトでも確認できる通り、新規で住宅ローンを借り入れる場合にも、借り換えで利用する場合にも、金利も手数料もそして充実した保障もすべて同じ条件で借入れすることができます。変動金利プラン...