提携ローンの審査は甘い?

提携ローンの審査は甘い?メリットとデメリットは?

イメージ画像

住宅やマンションを購入する場合一般的にはハウスメーカーや不動産会社が特定の金融機関と提携して借りるいわゆる提携ローンをまずすすめられます。

提携ローンと自分で探す非提携ローンにはどのような違いがありどのようなメリットがあるのか知りたいという方も多いはずです。

特に当サイトがおすすめする条件の良い住宅ローンを借りる際には提携ローンは借りず自分で手続きを進めていくことになるので不安に思う方もいるかもしれません。

ここでは提携ローンの審査やメリット・デメリットについてみていきます。

 

■ 提携ローンのメリットは?

  • 申込みや手続きが比較的簡単に進む
  • ローン特約がある
  • 審査が甘い場合もある

といったことが挙げられます。不動産会社と金融機関が提携しているため固定金利ならこのプラン、変動金利ならこのプランなど決まったものの中から選んで当てはめていくため申し込みや手続きが簡単な場合が多くなるのです。

しかしこのことは後のデメリットでも説明しますが選択肢が少ないということに直結します。

提携ローンのローン特約とは事前審査に通ってマンションなどの手付金を払った後に本審査に落ちて契約できない場合でもこの提携ローンの特約があれば手付金が戻ってくるというものです。

事前審査に通っても本審査で落ちてしまったというケースは少なくありません、そんなときに契約をキャンセルしても手付金が戻ってくるという安心が提携ローンの大きなメリットといわれています。

また提携ローンはそれほど金利の条件や借入れ条件が良くないため審査が甘い場合があります。

借りやすいけれどその分金利が高かったり条件が悪いことがあると考えてください。次にデメリットはどのようなものがあるでしょうか?

 

■ 提携ローンのデメリットは?

  • ローンの仲介手数料が必要
  • 銀行の選択肢が少ない
  • 金利が高い・借入れ条件が良くない
  • ローン特約が結べない

ローンの仲介手数料とは不動産会社やホームメーカーに支払わなければいけない手数料になります。手数料といっても10万円程度必要になることが多いため、少しでも無駄な出費を減らしたい住宅ローン借入れ時にはできれば払いたくないもの。

そして金融機関の選択肢が少なくここでも少しでも金利が安い銀行、手数料が安い銀行を選びたいと考えても提携金融機関でしか借りられないということがデメリットになります。

提携ローンは借りやすい場合があっても結果的に費用の面で損になることが多いのです。

ローン特約が結べないという問題についてですが、どうしても不安という方はこれはまず提携ローンで事前審査を受け本審査を契約してから他のローンを探し条件のいいローンの審査に通ってから提携ローンを解消するという方法を使えばローン特約をいかしたまま自由に住宅ローンを探すことができます。

何度も繰り返す説明になりますが審査に通るか通らないかというのは重要な問題です、しかし審査が甘くても条件が悪い住宅ローンを借りるのはおすすめできません。

少しの手間をかけることで無駄な出費が防げるならばしっかりと銀行を比較してお得な銀行を選んで申し込むことは難しいことではないはずです。

 

住宅の提携ローンとは?

イメージ画像

そもそも住宅ローンの場合の提携ローンとはどのようなもののことをいうのでしょうか。

提携ローンとは住宅を販売しているハウスメーカーや取引を仲介している不動産会社などが特定の金融機関と提携して自社のサービスを利用する方に提供しているローンのことを言います。

ハウスメーカーや不動産会社が住宅ローンまで紹介してくれると考えていいでしょう。

金融機関にしてみれば顧客の囲い込みをメーカーが行ってくれる。メーカーや不動産会社は手数料が入りスムーズにローンの借り入れを進めることができる両方にメリットがある仕組みなのです。

提携ローンを借りる側のメリットとしては住宅ローン比較など様々なことを調べ銀行を選ぶといった作業を省くことができる、申し込みがスムーズに行えるので手間がかからないという点があります。また提携ローンは審査が緩くなる場合があるとも言われています。

ただしデメリットとして提携ローンの申込み手数料を不動産会社やハウスメーカーに払う必要がある。必ずしも条件が良い住宅ローンを選べるわけではないということがあります。

審査が緩くなる分金利が高かったり、借入れ条件がそれほど良くない場合があるのです。つまり手間を省くことで結果的に住宅ローンの支払い総額が増えてしまうということにもなります。

提携ローンは必ず利用しなければいけないというものではありません。実際に住宅ローンを借りている方の4割は提携ローンではなく直接住宅ローンを選んでいるという調査結果もあります。

住宅ローンを比較したり選んだりするのは難しいと考えてしまいがちですが今ではネットを利用することで条件のいい住宅ローンを選ぶことも簡単にできるようになっています。ほんの少し手間をかければ金銭面で大きく節約できるのですから提携ローン以外の住宅ローンにも目を向けるべきでしょう。

逆に言えば何も考えずに提携ローンを選ぶことで数百万円という単位で損をしているということもありえるのです。

手間を省くことを重視するのか、お金の節約を重視するのかはそれぞれの考え方次第ですから一概には言えませんがお得な住宅ローンを選ぶことはそれほど難しいことではないということは覚えておいてください。

手間がかからないけれど選択肢が狭く最適な物を探しにくい提携ローンにするのか、手間はかかってもあなたに最適な住宅ローンを探すのがいいのかよく考えてみてください。

 

住宅ローン審査通りやすい銀行ランキング[2018年8月最新]

じぶん銀行住宅ローン
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 来店不要で時間の制約なし
  • 保証料・収入印紙代無料
  • 一部繰上げ返済手数料無料
  • 業界最安水準の金利を達成
スペック表
矢印
じぶん銀行申し込みボタン



住信SBIネット銀行住宅ローン
  • 安定かつ継続した収入があること
  • 最安水準の金利で顧客満足度が高い
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 借入れまで来店不要のネットバンク
  • 団信保険料・全疾病保障保険料無料
  • コンビニATM手数料月5回まで無料に
  • 事務取扱い手数料は借入れ金額の2%+税
スペック表
矢印
住信SBIネット銀行申し込みボタン



楽天銀行フラット35
  • フラット35独自の審査基準で有利
  • フラット35最低金利・手数料も安い
  • 諸費用トータルの安さで総返済額少ない
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 事務手数料引き下げあり
  • 繰り上げ返済手数料無料で100万円~
  • 団信生命保険料は本人負担
スペック表
矢印
楽天銀行申し込みボタン



au住宅ローン
  • セット割でauスマホ・通信サービスがおトクに
  • フラット35最低金利・手数料も安い
  • 業界最安水準の金利!
  • 一般団信&がん50%団信保険無料
  • 保証料・印紙代が無料
  • 仮審査の結果は最短1日
  • 最短10日で契約完了
スペック表
矢印
au住宅ローン申し込みボタン



イオン銀行住宅ローン
  • 借り入れ時年齢満20歳以上満71歳未満
  • 給与所得者は6ヶ月以上勤務
  • 経営者・個人事業主は事業開始後3年経過
  • 給与所得者は前年度年収100万円以上
  • 個人事業主は前年度所得100万円以上
  • 保証料0円・繰上げ返済手数料0円
  • イオンでの買い物が5年間毎日5%OFF
スペック表
矢印
イオン銀行申し込みボタン