住宅ローン借り換え審査に通りやすい銀行は?

住宅ローン借り換え審査に通りやすい銀行とは?

金利

住宅ローン金利が非常に低い水準にあり、しかもじわじわと金利が上昇する気配が漂ってきている現在、本気で住宅ローン借り換えをしたいという方が増えています。

しかし借り換えといっても実際には新しく住宅ローンを借りるのですから当然審査に通らなければ住宅ローン借り換えをすることはできません。

そこで、ここでは住宅ローン借り換え審査に通りやすい、おすすめの銀行をご紹介します。

 

住宅ローン借り換え審査はどこがいい?

金利

住宅ローン借り換え審査でおすすめの銀行をピックアップする際に注意しなければいけないのは、いくら審査に通りやすい、基準が甘い銀行でも条件が悪ければ意味が無いということ。

審査が甘いからといって他の銀行と比較しても金利が高く、手数料も割高な銀行を選んでも損をするだけ。

できるだけ条件が良く、しかも借り換え審査も厳しいわけではないというバランスが取れた銀行を選ぶことが大事になってきます。

そこで住宅ローン借り換え審査に重点を置いて考えたとき当サイトがまずおすすめする銀行は

の3銀行になります。(リンクは詳細ページ)

それぞれの銀行が特徴的な住宅ローンを提供していて、金利や手数料の面でも非常に大きなメリットがあるだけではなく審査基準を詳しく調べてみると借りやすいポイントがあるなど、住宅ローン借り換えに最適なのです。

上記の3銀行を選べば審査に通る、通らないという問題だけではなく、金利面、サービス面での効果も高く、損をしないお得な住宅ローン借り換えができる可能性が高くなります。

借り換えで後悔したくない、失敗したくない方は是非以下の説明も読み進めていってください。

 

じぶん銀行住宅ローンの借り換え審査は通りやすい?

ネット銀行の中でも新しいじぶん銀行住宅ローンですがその金利の安さと条件の良さで登場してすぐに人気になりました。

保障が手厚くなっているのに金利が低いという非常に高い水準でバランスの取れた住宅ローンです。

金利面のメリットを見ると、変動金利や10年までの短期間の当初固定金利が非常に低く設定されているという特徴があります。

じぶん銀行で変動金利・短期固定金利を選んで住宅ローン借り換えをすれば現在の金利水準の低さを最大限に活用することができます。

とにかくできるだけ低金利で住宅ローン借り換えをしたい、長くても10年前後で住み替えやマンションの売却を考えているという方にとってはベストな選択になるでしょう。

金利差を活かした借り換えによる節約効果の高さが大きく期待できます。

また、金利面以外でも手厚い保障があるのもじぶん銀行の魅力です。以下でピックアップすると。

  • がん保障特約(50%)保険料0円
  • 一般団信生命保険料0円
  • 保証料0円
  • 収入印紙代0円
  • 一部繰上げ返済手数料0円
  • 返済口座への資金移動0円

がんと診断された時点で住宅ローン残高が半分になるがん保障特約が0円で付いてくることをはじめとして、安心して返済していくことができる保障が付帯してくることがわかります。

審査の面に戻ると、仮審査最短即日回答そして最短10日で契約完了と思い立ったらすぐに住宅ローン借り換えを実行できる審査スピードの速さも大きなメリットになります。

住宅ローン借り換えのチャンスを逃さず審査申し込みができるじぶん銀行にまずは仮審査申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

矢印
申し込み

 

住信SBIネット銀行の借り換え審査は通りやすい?

2017年に10周年を迎えた住信SBIネット銀行はもはやネット銀行の老舗的存在。

住宅ローンは常に最新の条件に更新され、その金利の低さと借り入れ条件の良さで今では多くの人に選ばれています。

住信SBIネット銀行住宅ローン借り換えの一番の特徴はやはり金利の低さ。

固定金利も変動金利も常に最低水準をキープしているため変動金利から固定金利への借り換えも逆に固定金利から変動金利への借り換えもどのようなニーズにも対応できるメリットがあります。

もちろん金利以外にもメリットは多く、充実保障がすべて保険料無料で基本付帯、ネット銀行の住宅ローンらしい条件の良さで借り換えでも非常に魅力的な住宅ローンになっています。

住信SBIネット銀行住宅ローンの審査基準をみると収入の基準などは「安定かつ継続したしゅうにゅうがあるお客様」と具体的な金額は不明ですが、収入合算やペアローンも用意されているため基準に足りない場合の選択肢も充分といえます。

ネット銀行ならではのサービスの良さと低金利がとにかく魅力の住信SBIネット銀行住宅ローン借り換えの仮審査申し込みはこちらから。

矢印
申し込みボタン

 

イオン銀行住宅ローン借り換え審査は通りやすい?

イオン銀行はその名前からもわかるようにイオンが経営する銀行で住宅ローンを契約するとイオングループの買い物が毎日5%オフになったり、イオンのショッピングモールでは専用のラウンジが使えるなどユニークなサービスで注目されています。

そういったサービスが注目されがちですが、実はイオン銀行住宅ローンは借り入れ条件の面でも優れた特徴があります。

誰でも借りれる住宅ローンとは?」のページでも紹介していますが、審査基準が甘く通りやすいという点でメリットが大きいのです。

イオン銀行住宅ローンの審査基準を抜き出してみると

  • 給与所得者の方は6ヶ月以上勤務していること。
  • 会社経営者ならびに個人事業主の方は事業開始後3年を経過していること
  • 給与所得者、ならびに会社経営者の方は前年度年収100万円以上
  • 個人事業主の方は前年度所得が100万円以上

勤続年数や年収の面で他の銀行の住宅ローンと比較すると1段階か2段階ほど基準が甘いことがわかっていただけると思います。

基準は通りやすくても実際の審査に通るかどうかは同一には語れませんが、住宅ローン借り換え審査が申し込みやすいというのは間違いありません。

収入が足りていない、転職したばかりで勤続年数が他では足りないという場合にはもちろん、ファーストチョイスとしても問題ないスペックの住宅ローンになっています。

矢印
申し込み

 

住宅ローン借り換え審査に通りやすい銀行の傾向とは?

金利

住宅ローン審査通りやすい銀行ランキング[2017年10月]

じぶん銀行住宅ローン
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 三菱東京UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 来店不要で時間の制約なし
  • 保証料・収入印紙代無料
  • 業界最安水準の金利を達成
スペック表
矢印
申し込みボタン



住信SBIネット銀行住宅ローン
  • 安定かつ継続した収入があること
  • 最安水準の金利で顧客満足度が高い
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 借入れまで来店不要のネットバンク
  • 団信保険料・全疾病保障保険料無料
  • コンビニATM手数料月5回まで無料に
  • 事務取扱い手数料は借入れ金額の2%+税
スペック表
矢印
申し込みボタン



楽天銀行フラット35
  • フラット35独自の審査基準で有利
  • フラット35最低金利・手数料も安い
  • 諸費用トータルの安さで総返済額少ない
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 事務手数料引き下げあり
  • 繰り上げ返済手数料無料で100万円〜
  • 団信生命保険料は本人負担
スペック表
矢印
申し込みボタン



au住宅ローン
  • セット割でauスマホ・通信サービスがおトクに
  • フラット35最低金利・手数料も安い
  • 業界最安水準の金利!
  • 一般団信&がん50%団信保険無料
  • 保証料・印紙代が無料
  • 仮審査の結果は最短1日
  • 最短10日で契約完了
スペック表
矢印
申し込みボタン



イオン銀行住宅ローン
  • 借り入れ時年齢満20歳以上満71歳未満
  • 給与所得者は6ヶ月以上勤務
  • 経営者・個人事業主は事業開始後3年経過
  • 給与所得者は前年度年収100万円以上
  • 個人事業主は前年度所得100万円以上
  • 保証料0円・繰上げ返済手数料0円
  • イオンでの買い物が5年間毎日5%OFF
スペック表
矢印
申し込みボタン