住宅ローン借り換え金利ランキング!

住宅ローン借り換え金利ランキングでおすすめの銀行は?

まず結論からご紹介します。「住宅ローン借り換えしたいけれど銀行選びで失敗したくない!」「変動金利の住宅ローンに借り換えたいけれどおすすめは?」住宅ローン借り換えでお悩みの方におすすめの住宅ローンはじぶん銀行と住信SBIネット銀行になります。特に変動金利に借り換えをしたい方には自分銀行住宅ローン。固定金利に借り換えをしたい方には住信SBIネット銀行が最適です。どちらも金利が安く、保障が充実しているという点と全国どこからでも利用できるネット銀行という点が共通しています。住宅ローン借り換えで迷ったらまずはこの二つの銀行で仮審査を受けてみてください。

住宅ローン借り換えランキング【2018年6月のおすすめ】

じぶん銀行住宅ローン
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 来店不要で時間の制約なし
  • 保証料・収入印紙代無料
  • 一部繰上げ返済手数料無料
  • 業界最安水準の金利を達成
スペック表
矢印
じぶん銀行申し込みボタン



住信SBIネット銀行住宅ローン
  • 安定かつ継続した収入があること
  • 最安水準の金利で顧客満足度が高い
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 借入れまで来店不要のネットバンク
  • 団信保険料・全疾病保障保険料無料
  • コンビニATM手数料月5回まで無料に
  • 事務取扱い手数料は借入れ金額の2%+税
スペック表
矢印
住信SBIネット銀行申し込みボタン



楽天銀行フラット35
  • フラット35独自の審査基準で有利
  • フラット35最低金利・手数料も安い
  • 諸費用トータルの安さで総返済額少ない
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 事務手数料引き下げあり
  • 繰り上げ返済手数料無料で100万円~
  • 団信生命保険料は本人負担
スペック表
矢印
楽天銀行申し込みボタン



au住宅ローン
  • セット割でauスマホ・通信サービスがおトクに
  • フラット35最低金利・手数料も安い
  • 業界最安水準の金利!
  • 一般団信&がん50%団信保険無料
  • 保証料・印紙代が無料
  • 仮審査の結果は最短1日
  • 最短10日で契約完了
スペック表
矢印
au住宅ローン申し込みボタン



イオン銀行住宅ローン
  • 借り入れ時年齢満20歳以上満71歳未満
  • 給与所得者は6ヶ月以上勤務
  • 経営者・個人事業主は事業開始後3年経過
  • 給与所得者は前年度年収100万円以上
  • 個人事業主は前年度所得100万円以上
  • 保証料0円・繰上げ返済手数料0円
  • イオンでの買い物が5年間毎日5%OFF
スペック表
矢印
イオン銀行申し込みボタン



住宅ローン借り換え変動金利のおすすめ銀行は?

変動金利

現在の住宅ローン金利の低さを最大限に活用するために変動金利の住宅ローンへの借り換えを検討している方も多いのではないでしょうか。

固定金利の住宅ローン金利も下がっているとはいえ最低金利を比較すれば変動金利のほうが固定金利の半分程度になるのも事実です。

将来的に再度の借り換えやマンションの売却などを計画している場合には変動金利に借り換えて利息をできる限り減らし毎月の返済額を低くおさえるという考え方をする方も多いのです。

では住宅ローン借り換えで変動金利を希望する場合おすすめの銀行はどこなのでしょうか?

借り換えで変動金利の住宅ローンを選ぶ場合に重要なのは金利が低いことはもちろんですが、それ以外にも手数料が安い・団信保険料が無料・保証料が無料という条件を満たさなければいけません。

借り換えに伴う諸費用の出費が多くなってしまっては利息を減らす意味がなくなってしまいます。ですから上記の4つの条件は必須と考えて銀行選びをする必要があります。

そして結論になりますが上記の条件を満たす借り換えでおすすめの変動金利の住宅ローンランキング1位はじぶん銀行住宅ローンになります。

じぶん銀行住宅ローンは変動金利と短期固定金利が非常に低くなっているのが大きな特徴です。

また保障の面を見ても一般団信の保険料はもちろん無料。そしてがんと診断された時点で住宅ローン残高が半分になるがん保障特約も無料で付帯するなど団信保険と保障が充実しています。

じぶん銀行住宅ローンのメリットは?

  • 変動金利最低水準の低金利
  • がんと診断されたらローン残高が二分の一に
  • 契約書の記入・捺印は一切不要
  • 6つの0円
  • auユーザーはさらにお得

といった点がじぶん銀行住宅ローンの大きなメリットになります。

変動金利、もしくは3年、5年といった短期固定金利での住宅ローン借り換えを希望する方のファーストチョイスになるのは間違いありません。

こういったメリットをトータルで比較したときの優秀さが当サイトの住宅ローン借り換えランキングでじぶん銀行住宅ローンが1位になっている理由になります。

住宅ローン借り換え固定金利のおすすめ銀行は?

固定金利

当初3年固定、5年固定といった短期間の固定金利はじぶん銀行や住信SBIネット銀行住宅ローンがその金利の安さで圧倒しているためおすすめです。

長期固定タイプの住宅ローンの借り入れを検討している方にとって現在おすすめできるのは住信SBIネット銀行の住宅ローンもしくは楽天銀行のフラット35になります。

長期固定金利の住宅ローンといえば現在ではフラット35がその金利の低さで人気となっています。しかし細かな点を見ていくと、フラット35の場合借り換えでも建築基準を満たしていなければ借り換えができない。そして団信生命保険料が本人負担という二つのポイントで一般の住宅ローンを選びたいという方も多いのです。

ですから20年以上の長期固定金利タイプの住宅ローンに借り換えをしたいという場合には当サイトは住信SBIネット銀行の住宅ローンをおすすめします。

固定金利でも低金利であり、住宅ローン借り換えでももちろん借入れ条件の良さは変わりません。

固定金利に借り換えしたいという方はまず住信SBIネット銀行住宅ローン、そしてフラット35の仮審査を申し込むことをおすすめします。