住宅ローン審査に通るための返済能力とは?

基本知識
自分の返済能力をチェック!

あなたが購入したいと思った一戸建てやマンション、中古住宅が見つかったら、金融機関へ住宅ローンの相談に行くことを検討すると思います。ここで気になるのが、「自分の場合、住宅ローンでいくらの借り入れができるのか?」ということですね。

住宅ローン審査に通りやすい銀行が見つかったとしても、あなたが希望する物件を購入できるだけの融資を受けられなければ、すべてが絵に描いた餅になってしまいます。

そこで、住宅ローンの申し込みをする前に覚えておいてほしいのが、「返済負担率」という言葉です。

返済負担率とは、住宅ローン申し込み者の年収を基にして出される数値で、

住宅ローンの年間返済額÷年収×100(%)

という式で計算します。

たとえば、年収600万円の人が住宅ローンを1年間で120万円返済するとしたら、

120万÷600万×100(%)=20%

となります。

一般的には、この数値が25%以下になることが望ましいと言われていますが、年収が高かったり頭金が多かったりすれば、もう少し数値が高くても問題ない場合もあるようです。

将来において万が一何かトラブルが起こったとしても安全に返済できる返済負担比率におさえておく事も重要になるのです。

住宅ローンをいくらまで借りることができるのかというのはほとんどの人にとって大きな問題ですが、現在の年収で借りられるギリギリまで借りるといった無理をすると将来的に返済不能になってしまう確率が高くなります。

フラット35の総返済負担率とは?

フラット35住宅ローンの場合この返済負担率がより重視されます。

フラット35は年収がいくらから借りられるといった基準が決められておらず、すべては年収とすべての借金の返済額の割合で決まるのです。

すべての返済額とは、住宅ローンを含めその他のローンの返済すべてをあわせたもの。この比率が年収に対して何パーセントなのかで借り入れ金額が決まります。

具体的に言うと、年収400万円未満は総返済負担率30%以下、400万円以上の場合35%以下とされているのです。

フラット35住宅ローンの場合、返済能力は単純に年収に対する返済額の割合で決まると考えてもいいでしょう。

例えば年収500万円で、金利が1.1%返済期間35年と設定してシミュレーションを行うと、他の借金が0円の場合、借り入れ可能額は5081万円となります。単純に計算して年収の10倍まで借りられるということです。

ただし、これは計算上借りられる金額の上限ですから、これだけ借りても返済に困ることはないという目安ではありません。さすがにここまで返済負担率ギリギリになると、将来的には返済が苦しくなる可能性は非常に高いともいえます。

とくにフラット35の返済負担率の計算をする場合の年収は税込み年収ですから、実際には利用できないお金も含めて割合が出されています。その点にもよく注意しておかなければ、返済能力を超えた借入れをしてしまう可能性が高まるので注意してください。

自営業者の返済能力はどのように判断される?
会社勤めの人と違って、個人事業主やフリーランスの方は、返済能力のチェックが厳しくなります。

都市銀行などの目安としては、開業してから3年以上経っていて、業績に関しても3年連続で黒字に求められることが多いようです。

また、ビジネスを展開している業界も重要で、成長分野で開業していれば審査の信用はよくなりますが、逆に、競争が激しかったり、停滞している業界だったりしたら、審査に影響することがあるようです。

また、自営業者の方の場合どうしても安定性がサラリーマンなどと比べると劣ることになります。

住宅ローンの返済能力とは安定・継続した収入があることを重視するので、充分な余裕がある借入れと返済のプランが組めなければ審査に通ることがむずかしくなります。

住宅ローン審査通りやすい銀行ランキング[2017年8月]