配偶者の借金で住宅ローン審査に落ちる?

生命保険
住宅ローン審査の対象はローンの申し込み人のみ

住宅ローン審査は厳しいので、個人情報や信用情報は、自分のものだけでなく家族までチェックされるのでは?と考えている方も多いようです。

また住宅ローン審査に落ちた理由を考えると、他に心当たりがない場合には配偶者による消費者金融カードローンなどの借金が問題になったのではと考えてしまうのは無理はありません。

配偶者や妻、夫の借金が原因で私が申し込んだ住宅ローン審査に落ちるのではないか?そんな不安を感じている方もいらっしゃるようです。

しかし現実的には住宅ローンの申し込み者が本人だけという場合は、個人の信用情報など審査の対象は配偶者や家族にまで及ぶことはありません。

あくまでも住宅ローン申し込みをした方の個人信用情報が問題になると考えて間違いないようです。

金融機関が審査の際に問題にするのは、家族構成や収入状況(配偶者、子の収入が世帯収入となっているか)ぐらいです。

信用情報ではなく、扶養家族の有無、これから教育費が必要になる年齢ではないか、介護の費用が必要になるのではないかといった家族構成については見られるものの申込者以外の個人情報が問題になって審査に落ちるということはなさそうです。

したがって、住宅ローンを申し込んだあなたの配偶者・妻・夫が他行や消費者金融からカードローンの借り入れをしていても、金融機関や保証会社がその事実を知ることはなく、申し込み者本人の借り入れに問題がなければ、住宅ローン審査は通ります。

ただし、住宅ローンは審査に通ることも大事ですが、それ以上に重要なのが、長年にわたってきちんと返済できるか、ということ。返済途中で思わぬアクシデントが起こり返済不能になって家を手放さなければいけなくなった。そんな事態は想像したくもありませんよね。

家計の問題として配偶者の方だけが知っている、表に出ていない隠れた借金がある状態で無計画にマイホームを手に入れてしまうと、収入の変化などで返済にアクシデントが発生した時に返済が滞り、最悪の場合、マイホームを手放さなくてはならなくなるケースもあるためカードローンやクレジットカードのショッピング枠など負債についてしっかりと把握しておくことも大事になります。

また、地域密着型の地方銀行や信用金庫で、夫婦が口座を持ち、家計の管理をしている。といった場合、配偶者の方に突出したローンの残高があったり、頻繁に返済が遅れる、滞納しているということがある場合。

あくまでも信用情報は個人のもので他は考えないという建前があっても、銀行側は容易に調査できますからやはり住宅ローン審査にはマイナスになると考えるのが普通です。配偶者の方とともにある程度ローンなどは清算しておき、返済状況などはクリアに保っておくことをおすすめします。

収入合算をする場合は、借り入れが多いと審査でNGに!

住宅ローンの融資枠は、申し込み者の収入に応じて大きくなりますが、ご主人の年収だけでは希望する融資額に届きそうにない時に住宅ローンによっては奥さんの収入を合算することができる場合もあります。

これを「収入合算」といいます。

この場合は、収入合算をする方の信用情報も申込者と同様に厳しくチェックされるので、大きな借金をしていると審査でマイナスになりますし、借り入れ先が消費者金融やカードローンだと、住宅ローン審査に通りやすい銀行でも、審査に落ちてしまいます。

これ以外の場合にも住宅ローン審査が通らない理由として意識していない借金があるということも考えられます。申し込み前にはそういったことにも注意を払っておくべきです。

家計を妻に任せている、配偶者の方が握っているという場合も多いのではないでしょうか?

その際にたとえば毎月の携帯電話料金の支払いをあなた名義で引き落としすることになっていたとします。

スマホ本体の代金が高額なため、分割払いのプランを利用している方も多いはずです。じつはこれが最近問題になっているのです。あまり意識していませんがスマホの本体代金・端末代金を分割払いにした場合これはクレジットローンとみなされ信用情報機関にあなたの信用情報として記録されます。

この分割払いが知らず知らずのうちにこれは妻・配偶者の借金ではなくあなたの借金になるのです。

また、ついうっかり口座の残高不足で引き落としができず支払いが滞るといったことが重なってしまうと、ローンの返済が滞っているということでこれがあなたの金融事故とみなされるのです。

こういった気がつかない借金によるミスで、問題はないはずなのに住宅ローン審査に通らないということも起こってしまいます。ですから、自分の借金、妻の借金といった考え方ではなく、家計のトータルで支払いや返済に問題がないかということを見直しましょう。

住宅ローン審査通りやすい銀行ランキング[2017年8月]